おまとめローン

おまとめローンの注意点!おまとめ「前」に絶対にやってはダメなこと!

更新日:

おまとめローンの注意点!おまとめ「前」に絶対にやってはダメなこと!

前回「おまとめローンを活用するメリットとは?」で、おまとめローンを活用する具体的なメリットについて解説をしました。

そこで今回は、おまとめローンを活用するときの注意点についてお話ししたいと思います。

ただ、おまとめローンは色々と注意点が多く、「おまとめする前」と「おまとめした後」の前後編で解説を進めて行きたいと思います。

今回は「おまとめ前」に注意するポイントをまとめたので、「おまとめ後」の注意点が気になる方は下の記事を参考にして下さい。

参考記事
>>おまとめローンの注意点!おまとめ後に絶対にやってはダメなこと!

 

ちなみに、おまとめローンと債務整理のどちらが有利なのかという考え方もあるかと思います。これに関しては、また後日、別の記事で改めて私なりの考え方というか意見をお話しできればと思います。

>>おまとめローンと債務整理はどちらが有利なのか?

 

あくまで今回は「おまとめローンをする"前"の注意点」について、集中的に解説したいと思います。

 

おまとめローンを実行する前の注意点は大きく3つ!

基本的に、おまとめローンを実行する前の注意点は大きく3つに分けることができます。

おまとめローンをする前の注意点

必ず大手を利用し、一本化詐欺に注意する!
基本は銀行カードローンを選ぶ
なるべく早期返済を目指す

 

必ず大手を利用し、一本化詐欺に注意する!

まず当たり前に聞こえるかもしれませんが、おまとめローンを活用する時は必ず大手のおまとめ商品を利用するようにして下さい。

これは知り合いの法律家から聞いた話ですが「借金を低金利で1本化する」と言いつつ、実際にはレターパックなどで諸費用という名目で現金を郵送させる詐欺なども発生しているとのこと。

おまとめローンは、財務局長の許可を得た貸金業しか行うことができません。ましてや、今時インターネット上に自社サイトのない貸金業者ほど怪しいものはありません。

なので、おまとめローンを活用する時は、必ずあなたが一度は名前の聞いたことのある大手のサービスを利用するようにして下さい。

 

基本は銀行カードローンを選ぶ

審査条件は厳しいですが、もし可能であればおまとめローンは銀行カードローンを活用されることをおすすめします。

最近はおまとめローンに特化した金融商品を大手の消費者金融も登場させていますが、金利面ではまだまだ銀行カードローンの方が安いです。

銀行は元々が総量規制対象外のカードローンなので、わざわざおまとめ専用の商品を用意していませんが、おまとめ目的でのカードローン利用もOKです。

最近では三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」がおまとめローンに力を入れているので、一度審査を申し込まれてみることをおすすめします。

>>バンクイックの審査基準と口コミの詳細はこちら!

 

なるべく早期返済を目指す

実はおまとめローンは毎月の返済金額を大きく減らせる代わりに、返済期間が長くなってしまうので、最終的な支払利息が大きくなるケースが意外と多いです。

当たり前の話ですが、100万円借りて毎月1万円ずつ返済するより、50万円ずつ借りた借金をそれぞれ1万円ずつ返した方が、完済までの道のりは近いですよね。

この辺りが「おまとめローンを利用するときの落とし穴」と呼んでいるサイトが多いです。

ですが、それでも毎月の返済を少しでも抑えた方が家計の収支が安定するなら、おまとめローンを利用する価値は十分あります。

あなたが何を目的にするか次第ですが、大切なのは「無理なく完済を続けられる方法を探すこと」だと私は思います。

まずは毎月支払うカードの金額を最低限にまで落として家計を立て直し、できる限り利息を安く抑えるために繰り上げ返済や早期返済を活用するようにして下さいね。

 

おまとめローンは正しく活用することで生活が楽になります

今回はおまとめローンを活用する「前の」段階での注意点について解説をしました。

おまとめローンは正しく選んで活用することで、その恩恵や効果を大きく発揮することができる商品です。なので、おまとめローンを選ぶときは慎重に選ぶようにして下さい。

参考記事
>>おまとめローンの比較ポイントはどこにある?失敗しない選び方!

 

また、忘れないで欲しいのは、おまとめローンと言うのは債務整理を回避するための最終手段なのであって、あなた自身が債務整理の一歩手前でギリギリ耐えているという点を忘れないで下さい。

私個人の意見としては、おまとめローンと債務整理を比較した場合、おまとめローンの方が選択肢としてはまだマシだと考えています。

もちろん債務整理を選んだ方が良いケースもあるでしょうが、それはあくまで最終手段であり、本当に最後の手段でしかありません。

それは債務整理を選んだ場合の、返済条件や法律家の選定、債務整理後の信用情報の問題などのデメリットがあまりにも大きすぎるからです。

参考記事
>>おまとめローンと債務整理はどちらが良いのか?

 

もちろん、この問題の正解なんてどこにもありません。

だからこそ、最終的な選択や判断はあなた自身が行ってください。それこそが借金の完済までに近づける唯一の道だと思います。

次の記事では、おまとめローンをした「後の」注意点について解説してあるので、ぜひ合わせて読んで下さいね。

参考記事
>>おまとめローンをした後に絶対にやってはダメなこと!

 

カード選びに迷ったらコレ!おすすめカードローンのまとめ!

SMBCモビット

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結申込を利用することで会社への電話確認なしで審査を完了できるので安心です。

しかも、最短30分で審査が完了するので、今から申込みを済ませれば、あなたの携帯や勤務先に電話が掛かることなく、仕事帰りにキャッシングすることができちゃいます。

SMBCモビットならあなたの年収に応じた限度額と金利で契約できるので、返済負担も重くなりにくく、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンなら、毎月の返済額が2000円から持つことができる、とても返済負担が軽い銀行カードローンとして人気があります。

口座開設なしで審査が完了するので、三井住友銀行の口座がない人も安心して審査を申込めるのが特徴で、審査に必要な書類も最小限で申込めるのも人気の秘密です。

あなたも三井住友銀行カードローンを利用すれば、毎月の返済負担や金利も軽い状態でお金を借りることができますよ。

※事業性資金にはご利用いただけません

 

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンは、年率3.0%~9.5%という銀行カードローンよりも安い金利でキャッシングできます。

また、限度額が100万円~800万円という金額で借りれるので、教育資金や歯列矯正などまとまった資金が必要な時にも便利です。

初めて借りた日から最大30日まで無利息キャッシングもできるので、会社の経費など一時的な費用の立て替えや、お給料日までのつなぎなど、幅広い用途でお金を低金利で借りることができますよ!

-おまとめローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.