安心・今すぐ・低金利!最新のカードローン情報を分かりやすくお届け!

あなたにおすすめのカード!

銀行カードローン

即日融資WEB完結

無利息キャッシング

パート・アルバイト

「銀行カードローンの審査に通りたい」
「今すぐキャッシングしたいお金がある」

もしあなたがそんなことを思っているのなら、ぜひ元銀行員だった私のお話にお付き合い頂けたら幸いです。

「今月は急な出費が続いて生活費が厳しい…」「次のお給料日までどうしてもお金が足りない」など、そんな"お金の困った"を助けてくれるのが銀行カードローンの存在です。

  1. 安心感が大きい
  2. 低金利で利息が安い
  3. 返済の相談も気軽にできる

ただ、銀行カードローンのメリットを知っていても「審査が厳しいんじゃないの?」とか「自分でも本当に審査に通るの?」といった不安を抱えている人も多るのではないでしょうか?

「自分では審査が厳しいんじゃないのか?」
「少しでも審査に通る確率をアップさせたい」

もしあなたがそんなことを思っているのなら、ぜひ私が時間を掛けて作ったブログに目を通して頂けたらと思います。

銀行カードローンの審査は決して厳しいものではありません。

必要書類を正しく用意し、嘘をつかず正直に申告し、欲張らずに今すぐ必要な金額だけを申込めば、誰だってカードローンの審査には通る可能性があるんです。

"審査が甘い"という訳ではありませんが、落ち着いて審査に必要な準備や対策を進めれば、必ずあなたもキャッシングできるチャンスがあると約束します。

全ての文章に目を通すのは大変かもしれませんが、審査に必要な対策やお金の正しい知識を身に付けてもらえたら幸いです。

お金の悩みや問題で解決できない問題は絶対にありません。

銀行員だった私の過去の体験を元に、カードローンの審査対策について一緒に学んでいきましょう!

カードローンランキング!

SMBCモビット

特徴
  • WEB完結で電話なし!
  • アプリローンが便利!
  • 低金利で安心!
実質年率 最大限度額 審査時間
3.0%~18.0% 800万円 最短30分
WEB完結 提携コンビニ 収入証明書
OK

>>モビットの審査基準や口コミなどはこちら!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三菱UFJ銀行

特徴
  • 提携ATMが無料!
  • 口座開設なし
  • 審査が早い
実質年率 最大限度額 審査時間
1.8%~14.6% 500万円 スピーディ
WEB完結 提携コンビニ 土日申込
OK OK

>>審査基準など詳細情報はこちら!

三井住友銀行

特徴
  • 24時間申込みOK
  • 口座開設なし!
  • 使い道自由!
実質年率 限度額 審査時間
4.0%~14.5% 10万円~800万円
WEB完結 提携コンビニ 土日申込
OK OK

>>審査基準など詳細情報はこちら!

※事業性資金にはご利用いただけません

プロミス

特徴
  • プリカが貰える!
  • 30日間金利ゼロ!
  • 最短30分!
実質年率 最大限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
WEB完結 提携コンビニ 収入証明書
OK 50万円まで不要

>>プロミスの審査基準や口コミなどはこちら!

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

みずほ銀行

特徴
  • 24時間申込みOK
  • 最大800万円!
  • 使い道自由!
実質年率 最大限度額 審査時間
2.0%~14.0% 800万円 2週間程度
WEB完結 提携コンビニ 土日申込
OK OK

>>審査基準など詳細情報はこちら!

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

目的別でカードローンを探す

 

そもそもカードローンとは?


簡単に言えば、カードローンとは「無担保・無保証人で今すぐキャッシングできるサービス」のことを言います。最近は、消費者金融のカードローンだけでなく、銀行が発券するカードローンも増えてきて、消費者金融と銀行でそれぞれの特徴に違いがあると言えます。

銀行カードローンの特徴
  • 銀行という安心感が大きい
  • 低金利なカードローンが多い
  • 返済の相談も気軽にできる
消費者金融の特徴
  • サービスが充実している
  • 即日キャッシングができる
  • 無利息期間やWEB完結がある

他にも細かな特徴を上げればたくさんありますが、分かりやすく言えば、銀行カードローンは「低金利で安心して借りたい人」におすすめで、消費者金融は「今すぐキャッシングしたい人」におすすめなカードローンだと言えます。

毎月の金利や返済額については、消費者金融も銀行カードローンと同じくらい無理のない返済額の設定になっています。

また、返済の相談も大手の消費者金融系カードローンなら、銀行レベルで丁寧な対応をしてもらえるので、女性も安心して利用できるので安心して下さい。

▼合わせて読みたい!

 

カードローンのメリット・デメリット


はじめてカードローン審査を申し込む人にとって、一番心配になってくるのが「安心して利用できるのだろうか?」という不安ではないでしょうか?恥ずかしい話、私も学生時代にカードローンでキャッシングした経験があるんですが、その時は「怖い人が電話に出てきたらどうしよう…」「もしも返せなかった時はどうなるんだろう…」と言った不安が私の全身を襲ってきました。ただ、結論から言えば、このサイトで紹介している消費者金融や銀行カードローンであれば、すべて安全に安心して利用できると思って頂いて大丈夫です。

このサイトで紹介している消費者金融や銀行カードローンは、すべて私が実際に電話で取材を行い、安全性が確認できた貸金業者だけ厳選して紹介しています。

他のサイト様の状況は分かりませんが、安全確認が取れた消費者金融や銀行カードローンだけを紹介しているので、安心してカードを選んで頂けたら幸いです。

ただ、カードローンの安全性と言うのは、何も審査を申し込むときの不安や恐怖だけではありません。「本当に返せるのか?」「返せなかった時はどうなるのか?」と言った不安もあるかと思います。

では、カードローンの安全性、メリットやデメリットはどういったものがあるのか?

以下、要点だけをまとめた表を作ってみました。

メリット デメリット
すぐにお金を借りれる 毎月の返済が発生する
借りたお金の使い道は自由 他のローンに比べ、金利が割高になりやすい
提携ATMからいつでも借りれる お金を借りる意識が薄れ、借金が大きくなりやすい
限度額の範囲内で、何度でもキャッシングできる 借入と返済を繰り返すので、完済まで長期化しやすい

上の表からも分かる通り、カードローンの安全性と言うのは「毎月の返済計画をしっかりと立て、お金を借りている意識が薄れなければ、あなたも安心して利用できる」言えます。

カードローンの金利は、住宅ローンや自動車ローンの金利と比較すると割高で、本当に返せるのか不安になるような数字に感じるかもしれません。

ですが、実際には年率18.0%で10万円を1年間借りても、毎月の利息は1500円くらいにしかなりません。

そのため、あなたがお金を借り過ぎず、無理のない返済計画を立てながらキャッシングをすれば、カードローンのリスクをしっかりコントロールして利用することができるんです。

カードローンの金利は一見高いように見えますが、毎月の返済額で考えると決して高くはありません。

大切なことは金利の高さ低さに惑わされるのではなく、各カードローンが設定する「毎月の返済額」があなたの返済予算に合っているかを確認すること!

無理のない返済計画を立てるには、無理のない毎月の返済額の範囲内でお金を借りることが最も大切です。

▼合わせて読みたい!

 

カードローン審査を申し込む前に!賢いカードの選び方とは?


もしあなたが今からカードローンの申し込みを考えていて、どこのカードローンがおすすめなのかを考えているのなら、次の3つのポイントから選ぶのがおすすめです。

  1. まずは大手を選ぶ
  2. 利用目的から考える
  3. 毎月の返済額が安いものを選ぶ

基本的に大手のカードローンを選んでおけば、WEB完結や口座開設の有無などはあるものの、金利や融資条件などでそこまで大きな違いはありません。

そのため、まずは安心できる大手のカードローンを選び、即日融資やWEB完結などあなたの利用目的に合わせてカードを選んでいけば、あなたにとって最適なカードローンが見つかります。

また、毎月の返済額から逆算して、あなたが無理なく借りれるカードローンを探していくのも、とても良いカードローンの選び方だと言えます。

大手のカードローンとは、テレビCMで見たことがあるカードローンや、知っている銀行が発行しているカードローンのことを言います。

このサイトで紹介しているカードローンや消費者金融は全て安全性を確認したものですが、どうしても心配な場合は、あなたが一度でも耳にしたことのあるカードローンを選ぶのが一番確実でおすすめです。

▼合わせて読みたい!

 

銀行カードローンや消費者金融の審査に通るための審査基準!


銀行カードローンの審査にあなたが今すぐ通りたいと思うのであれば、冒頭で紹介した通り「1.低い限度額で申込み」「2.勤務先は正確に入力し」「3.審査で嘘はつかない」ことが最も大切です。

  1. 低い限度額で申込む
  2. 勤務先は正確に入力
  3. 嘘はつかない

他にも細かな審査基準や審査の対策などはありますが、基本的には今紹介した3つの対策さえ行えば、今現在カード類の返済などで滞納をしていなければ、問題なく審査に通るかと思います。

住宅ローンや自動車ローンなど、多くの金融審査では過去の返済実績などが重要視される傾向がありますが、カードローンに関して言えば今現在に滞納がなく安定した収入が十分にあれば審査に通る見込みの方が高いです。

だからこそ、今紹介した「1.低い限度額で申込み」「2.勤務先は正確に入力し」「3.審査で嘘はつかない」の3つの条件を満たすことが、銀行カードローンの審査に通るためにはとても重要だと言えるのです。

 

銀行カードローンの審査対策その1「限度額を低くして申し込む」

銀行カードローンは限度額を低くして申し込む!

銀行カードローンの審査において最も効果があると言われているのが「限度額を低くする」方法です。

と言うのも、多くの銀行カードローン(もしくは消費者金融)の審査では、あなたにお金を貸し過ぎないように初回の審査は慎重に進めているケースが大半だからです。

「公式サイトに最大500万円って書いてあったから300万円くらいは借りれるだろう」
「今すぐ必要なお金は5万円くらいだけど、多めに50万円くらい申し込んでみよう」

こんな感じで、欲張り過ぎた限度額で審査を申し込んでしまうと、カード会社側としても「そんな大金をどうするんだ?」と審査を慎重に進めてくるようになります。

逆に、必要最低限の金額だけ限度額で希望しておき、審査に通過してから増額審査を活用した方が、最終的にはあなたが希望する金額をキャッシングしやすくなると言えます。

それだけ銀行カードローンや消費者金融の審査では限度額を低くする方法は有効なのです。

具体的にはカードローンの審査では限度額を10万円~20万円くらいにするのをおすすめします。

対策1「限度額は低くする」

  1. 高い金額は審査が慎重になる
  2. まずは10万円~20万円に
  3. あとで増額審査を申し込む

実は限度額を低く設定して銀行カードローンの審査を申し込むことで、以下のようなメリットも発生するんです。

1.返済計画を立てているとアピールできる

まず限度額を低く設定して審査を申し込むことで、カードローン側に「返済計画を立てられる人だ」と判断してもらいやすくなるメリットがあります。

銀行側の都合としても、万が一債権が回収できなかったリスクを考えれば、初めて融資を申込んだ人に対しては、なるべく低い限度額で様子を見ておきたいという思惑もあります。

少しでも確実に債権を回収したい銀行としては「安定した収入が十分にあり少額の限度額を申し込んだ人」と言うのは、銀行側から見れば優良顧客に見えてくるのです。

2.借り過ぎによる審査落ちを防げる

また、限度額を低くすることで「借り過ぎ」を防げるというメリットにも繋がります。

実はカードローンの審査では「携帯電話の分割代金」や「クレジットカードのリボ・分割残高」も現在の借金として計算されるので、あなたが思ったよりも少ない金額でしかカードローンで借りれないケースも多いです。

その上、銀行側が初回審査を慎重に行っているという事情もあるため、限度額は低めに抑えておいた方が、初回のカードローン審査では有利になりやすいのです。

3.増額審査を受けやすくなる

大手カードローンの特徴として、一度カード審査に通ってしまえば、増額審査を何度でも受けられる特徴があります。

つまり、最初は10万円~20万円くらいの低い限度額で申し込んでも、審査に通過した翌日から、いつでも好きなタイミングで増額審査で申込めるんです。

増額審査に落ちてもカードが強制的に解約されることはまずないので、まずは本当に今すぐ必要な限度額だけで審査に通っておき、後から本当に必要な金額を増額審査でキャッシングするのがおすすめです。

参考記事
銀行カードローンの増額審査を活用する5つのメリット!

 

銀行カードローンの審査対策その2「勤務先は正確」に入力!

銀行カードローンは勤務先と年収を「正直」に

銀行に限らず、すべてのカードローン審査では「勤務先の入力」は非常に重要です。

「勤務先ある」=「返済能力がある」

この図式が成立しているのがカード業界です。

そのため、あなたがどこに勤めているのかは重要な審査項項目であることは間違いありません。

やはりカードローン審査において一番有利になりやすいのは、公務員や正社員です。

その次に派遣社員や契約社員になり、最後にパートやアルバイト収入がメインの人になります。

  1. 公務員・正社員
  2. 派遣・契約
  3. パート・アルバイト

とは言え、カードローン側が十分な収入があると判断すれば、パートやアルバイト収入でも審査に通るチャンスは十分にあります。

むしろカードローンの審査では「いかに安定した収入が継続的にあるか?」の方が大切。

カードローンの審査なら、職業の安定度や年収の高さだけでなく、勤務年数の長さや返済実績のキレイさで勝負することも有効です。

また、プロミスなら新規獲得にも積極的なカードローンで、パートやアルバイト収入がメインの人も沢山審査に通っています。ぜひ申し込んでみて下さい。

参考サイト
パートやアルバイトOKのカードローンはこちら!

 

銀行カードローンの審査対策その3「嘘はつかない」

銀行カードローンでは「嘘の無い範囲で」よく見せる

最後の審査対策として「審査では嘘はつかない」と言うことが重要です。

ただし、カードローン審査の攻略のポイントは 「嘘のない範囲で自分を良く見せる事」 がとても大切なんです。

「いやいや、嘘は付いたらダメでしょ」なんて、あなたは思うかもしれませんね。

確かにカードローン審査に限らず、すべての金融審査において、嘘は厳禁です。

ですが、嘘じゃない範囲で自分を良く見せると言う事は、カード審査においては大切です。

審査で良くみせるポイント!

  • アルバイトであれば、直近で一番良かった給与明細を提出する
  • 掛け持ちをしているのであれば、勤続年数が長い方を申告する
  • 仕事がないなら、派遣社員に登録してから審査を申込む

この様に「嘘のない範囲で良く見せる」ことは、意外と知られていないカード審査の攻略ポイントなんです。

嘘を付くことは決して良い事ではありません。ですが、何でも正直に申告する必要もありません。

大切なのは「審査に通る為に何をしたらよいのか?」に意識を集中することです。

決して嘘はつかず、少しでもあなたを良く見せる申告方法を実践してみて下さいね!

銀行カードローンの在籍確認とは?回避することはできるの?


在籍確認と言うのは「あなたの会社や勤務先に本当に勤めているか確認する」ことを言います。カードローンの審査基準の解説でもお話ししましたが、あなたが勤める会社や勤務先住所に嘘があると、カードローン側としても審査を厳しくするしかありません。なので、カードローンに限らず、あらゆる金融審査では在籍確認は何らかの形で行われていると思って間違いありません。

在籍確認とは?
あなたが申告した勤務先に嘘や誤りがないか、カードローン側が調査すること。基本的にはあなたが申告した勤務先の電話番号にカード会社が電話を個人名で掛け、本当に勤務しているかを調べます。

ちなみに、この勤務先への電話確認ですが、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、電話確認なしで審査が最後まで完了するのでとてもおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結なら!

  1. 最短即日!
  2. 電話確認なし!
  3. 郵便物なし!

※SMBCモビットの即日融資は時間帯によっては対応できない場合があります。

つまり、あなたが勤務先や会社への電話確認をどうしても避けたいと思うのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込を利用することで、電話確認なしで審査が完了するということ!

SMBCモビットなら審査に通過したあとも低金利で利用できますし、返済の相談もいつでも気軽にできるので女性も安心して利用できるカードローンとしてとても評判です。

審査時間はとても短いので、あなたが今すぐSMBCモビットの審査に通過するか「10秒簡易審査」で調べてみて下さいね!

SMBCモビットの詳細はこちら!

▼合わせて読みたい!

 

もしも銀行カードローンの審査に落ちた時は?


「カードを申込んだけど審査に落ちてしまった…」
「どこに申込んでも審査に落ちるんだけど…」カードローン審査に落ちてしまうと、気持ちがさらに焦ってしまい、闇雲に審査を申し込んでしまいそうになりますよね。(過去の私がそうでした…)ですが、もしもカードローンの審査に落ちてしまったときは、まずは慌てずに落ち着いて、審査に落ちた原因を探して行くことが大切です。

と言うのも、カードローンの審査は闇雲に申し込んでしまうと「申込みブラック」と呼ばれる、一時的に審査に通らない状態になってしまうからなんです。

申込みブラックとは?
短期間で審査を何度も申し込んでしまい、一時的に審査が通りづらくなってしまうこと。カードローン審査を申し込むと、CICやJICCと呼ばれる信用情報機関に審査の申込み履歴が記録されるのですが、この申込み履歴が月に3件~5件以上あるとカード会社側で審査を慎重に進めようとしてきます。

そのため、まず審査に落ちたときの対策として「カードローンの申し込みは月に3件まで」にしておくことが大切です。

それ以上の審査申込をひと月で行ってしまうと、カード会社側で「これだけ他社の審査で落ちている人は本当に大丈夫?」となってしまい、審査に通りにくくなってしまいます。

基本的に銀行カードローンや消費者金融などの審査では「年収・返済履歴・他社借入」のどれかに問題があると、審査が厳しくなりやすい傾向にあります。

審査落ちの3つの原因

  1. 年収が不足している
  2. 返済履歴に問題がある
  3. 他社から借り過ぎている

 

審査落ちの原因その1「年収が不足している」

審査落ちの原因は「年収が不足している」かも?
カードローンの審査に落ちてしまう時の原因で良くあるのが「年収が不足している」というパターンです。

カードローンでは「安定した収入が毎月ある人」を対象として審査を進めるので、アルバイトやパート収入が中心となる学生やフリーターは審査が不利になりやすいです。

この場合、銀行カードローンではなく消費者金融系のカードローンを申し込むことで、審査結果も変わるケースがあるので試してみて下さい。

年収の目安として「毎月のバイト代が月8万円以上ある」と、年収が100万円以上となり、審査結果も期待が持ちやすくなります。

カードローンの種類によっては学生の審査申込がNGなケースもあるので、その場合は学生OKや主婦OKのカードローンを選ぶことも大切です。

>>学生・主婦OKのカードローンはこちら

 

審査落ちの原因その2「返済履歴に問題がある」

審査落ちの原因は「返済に問題がある」かも?
「実は携帯電話の支払いで滞納がある」とか「クレジットカードの支払いで延滞がある」と言った場合、カードローンの審査は一気に厳しくなるので注意が必要です。

と言うのも、カードローンの審査では、過去の支払い実績や今現在の滞納状況などを信用情報機関で照会した後に、あなたに融資が可能かどうかを判断しているからです。

少なくとも、今の時点でカード類や分割ローンなどの支払いで滞納や延滞を起こしている場合は、先にこれらの問題を解決してから審査を申し込まないとカードローン審査は厳しいままと言えます。

一般的に、過去の支払い実績で3か月以上滞納がない状態だと、カードローンの審査に通る人が増えてくる傾向にあります。

ただし、返済実績の確認期間は、3カ月だったり2年間だったりと、カードローンによって基準はバラバラです。

日ごろから支払い関係の滞納は絶対に起こさないことが重要な対策と言えます。

 

審査落ちの原因その3「他社から借り過ぎている」

審査落ちの原因は「すでに借り過ぎてる」かも?
審査落ちの最後の原因として、「すでに他社から借り過ぎている」とカードローンの審査に通らないことがあります。

特に消費者金融系のカードローンの場合、総量規制という法律の関係上、年収の3分の1以上のキャッシングはできない仕組みになっています。

そのため、他社カードローンやクレジットカードのリボ残高の合計金額が年収の3分の1を超えている場合は、先にこれらの借入残高を減らさない限り、審査に通ることはまず難しいと言えます。

総量規制は年収の3分の1以上のお金は借りてはいけないという貸金業法の法律で決まっています。

ただし、住宅ローンや自動車ローン・教育ローンなど、「銀行から借りたお金」や「顧客に一方的に有利になる借換え」などは総量規制の対象外として計算しても良いことになっています。

詳しくは「総量規制」のページで確認してください。

▼合わせて読みたい!

 

銀行カードローンで増額審査を申し込むメリット!


「カード審査には通ったけど、もう少しお金を借りたい」
「今の限度額より追加でキャッシングがしたい」もしあなたがそんな事を考えているのなら、カードローンの増額審査を申し込むのがおすすめです。

増額審査のメリット

  1. 限度額をアップできる
  2. 金利が下がりやすくなる
  3. 解約リスクがない

実は銀行カードローンなどで増額審査を申し込むと、限度額がアップするだけでなく、契約していた金利よりも安い金利に利下げしてくれるケースがあります。

これは、各カードローンが限度額に応じた金利を設定しているためで、キャッシング枠が増額されることで限度額に対応した金利に自動的に見直しが行われるためです。

特にカードローンの利下げ交渉を考えている場合には、さきに限度額の増額審査を申し込んでみて、その時に利下げできないかを相談してみるのが有効です。

増額審査を申し込んで審査に落ちたとしても、カードが強制解約に成ったりする心配はないので、一度カードローンの契約が済んだら積極的に増額審査を試してみましょう。

▼合わせて読みたい!

 

カードローンの返済方法は大きく分けて3種類!


カードローンの返済方法は「カード支払い・銀行振込・口座引落」の3種類に分けることができます。

カード支払い

カードローンで一般的な返済方法。提携ATMにカードを差し込み「返済」を選択すれば、指定した金額を返済することができる。提携ATMの手数料が掛かるのが難点

銀行振込

カードローンが手元にない場合の返済方法。カード会社が指定した銀行口座にお金を振り込みをするだけ。銀行によっては振込み手数料が割高になる点に注意。

口座引落

毎月決まった日にカード会社がお金を引落してくれる方法。口座の引落手続に手間が掛かる一方、支払日を気にしなくてよくなるので、ムリなく完済を目指しやすい。

基本的にカードローンの返済は毎月1回決められた日に返済するルールになっていますが、アコムやアイフルなどは最後に支払った日から35日以内に返済をする方式などもあります。

また、返済方法については、各カードローンで微妙に違うので、詳しくは各公式サイトでチェックされることをおすすめします。

参考記事
カードローンの返済方法は主に3つ!具体的な返済手順まで解説!

無理のない返済計画の立て方は?


テレビCMなどで「無理のない返済計画を立てましょう♪」とありますが、具体的にどんなプランなら無理のない返済計画になるとあなたは思いますか?返済計画の立て方はカードローンを利用する人の年齢や年収にもよって無限に組み合わせが存在しますが、ここでは多くの人に共通して言える有効な返済計画の立て方について紹介したいと思います。

返済計画の立て方!

  1. 本当に必要な金額を決める
  2. 毎月確実に返せる金額を決める
  3. いつ完済できるかを計算する

返済計画の立て方①「本当に必要な金額を決める」

返済計画は「本当に必要な金額」を決める
「いくら借りたいですか?」

こんな質問を受けたら、あなたなら何と答えますか?

もし「借りれるだけ借りたい」とか「とりあえず〇〇万円借りたい」と言った、借りる金額や目的をはっきりさせずにお金を借りようとする人は残念ながらカードローンで失敗しやすいタイプです。

逆に「医療費の建て替えで10万円ほど借りたい」とか「次の給料日までのつなぎで5万円だけ借りたい」と言った、借りる金額や目的がはっきりとしている人は、上手にカードローンを使えるタイプと言えます。

と言うのも、カードローンは限度額の範囲内で何度でも利用できるという利便性がある一方で、利用目的が曖昧になりやすいというデメリットもあります。

そのため、利用目的や必要な金額をはっきりさせないと、いつまでもカードローンをダラダラと使う原因に繋がってしまいます。

無理のない返済計画を立てる第一歩として覚えておいて欲しいのが「利用目的や必要金額をはっきりさせる」ことです。

目的もなく"ただ何となく"借りてしまうと、気が付いたら限度枠いっぱいまで借りていた…なんて事に成りかねません。

「いつ・何の目的で・いくら必要」というのをはっきりさせてからカードローンを使うことが大切です。

 

返済計画の立て方②「毎月確実に返せる金額を決める」

返済計画は"確実に"返せる金額を決める
カードローンで借りたい金額を決めたら、次に「毎月"確実に"返済に回せる余裕資金」を計算してみましょう。

家賃や光熱費・毎月の食費や交際費・携帯電話の利用料金など、あなたの毎月入ってくるお給料から固定費を引いたら、どれだけのお金が手元に余っているでしょうか?

この手元に残ったお金こそが確実にカードローンの返済に回せるお金となります。

なるべく厳しめに見積もりを取ってみることが、失敗しないカードローンの上手な返済計画となります。

もし、手元に余剰資金が残らない収支状況であれば、カードローンでお金を借りるべきではないですし、固定費を削減する方法を検討した方が健全です。

カードローンでお金を借りると言うことは、あくまで非常手段であると自覚した上で、上手にカードと向き合いましょう。

 

返済計画の立て方③「いつ完済できるかを計算する」

返済計画は「いつ完済できるか」を計算
毎月の"確実に"返済できる金額の計算ができたら、各カードローンの返済シミュレーションを利用して、何か月後に返済が完了するのかをシミュレーションしてみましょう。

「完済までの月数が長すぎる」とか「これならムリなく完済できそうだ」など、あなたが納得できる返済額とキャッシング額になるまでシミュレーションを続けてみましょう。

カードローンでは、あなたが借りる限度額や利用残高に応じて毎月の返済額が決まっているので、あなたの返済に回せる余剰資金によっては、審査が厳しいケースも考えられます。

その場合は、希望するキャッシング金額を減らして毎月の返済額の負担を軽くするか、毎月の固定費や生活費の見直しをしてみることをおすすめします。

 

もしもカードローンの返済ができない時はどうしたらいいのか?


「今月はどうしても返済が難しい」
「この返済金額だと返せそうにない」もしも万が一、カードローンの返済ができない時がきたら、あなたならどうやって乗り切りますか?「じゃぁ生活費を切り詰めよう」とか「短期のバイトに入って返済資金を稼ごう」と言った、固定費の見直しや副業を始めることで、返済できない月のピンチを切り抜けるのも有効な方法ではあります。

ですが、それでは単なる一般論になってしまうので、ここではカードローンの返済そのものを見直す方法や金利の利下げ交渉などについて解説したいと思います。

返済ができない時の対処法!

  1. まずはカード会社に電話!
  2. 返済プランの相談もする
  3. 金利の見直しなども行う!

これらのステップを順番に踏んで行くことで、大抵のケースなら、返済できない月があっても当月分の支払いを利息負担だけに安く抑えることができます。

ここでは簡単に概要の解説だけを行いますが、詳しい手順を知りたい場合は、こちらの記事も合わせてチェックして頂けたら幸いです。

参考記事
毎月のカードローンが払えなくなったとき!あなたができる3つのこと!

 

返済できない時の対処法①「まずはカード会社に電話」

返済できない時はまずはカード会社に電話!
もしカードローンの返済ができない事が分かったら、その時点ですぐにカード会社に電話して相談してみましょう。

実は大手のカードローンであれば、返済の相談を素直にすることで、返済期日を少しだけ待ってくれたり、当月の返済を金利負担だけにしてくれるケースが多いんです。

実はこの方法、私がとてもお世話になった方法の一つなんです。

どうしても返済ができなかった月は、数万円だった支払が数千円で済むので精神的にもかなり助かりました。

ただ、元金が一切減らないので、完済までの道のりは遠くなる点には十分注意してください。

 

返済できない時の対処法②「返済プランの相談もする」

返済できない時は返済プランの相談もする
もしあなたがカードローンの長期利用者で、これまでのカード支払いで延滞や滞納がない実績があるのなら、毎月の返済額の見直しの相談ができる可能性があります。

「毎月の最低返済額を少しだけ下げて欲しい」とか「カードローンの金利をもう少し下げて欲しい」など、思い切って相談してみると意外と検討してくれるケースは多いです。

この方法はあくまで過去の返済実績が優秀な人限定の方法です。

ただ、一日でも早く完済を目指したい場合は、自分の返済履歴のことなど棚上げで相談する度胸も大切です。

何事も強いメンタルで交渉して行きましょう。

 

返済できない時の対処法③「金利の見直しなども行う!」

返済できない時は金利の見直しとかも試す!
借りているカードローンの金利が高い時などは、他のカードローンへの借り換えを検討することも大切です。

特に消費者金融から銀行カードローンへの借り換えは金利条件が有利になりやすいのでとてもおすすめ。

特に銀行カードローンなら消費者金融よりも毎月の返済額が安いので、返済負担もかなり軽くなるはずです。

銀行カードローンの審査は厳しいというイメージがあるかもしれませんが、過去の返済実績がしっかりしていれば銀行カードローンの審査に通る見込みは十分あります。

ただし、カードローンの借り換えが完了したあとは、これまで使用していた古いカードローンは必ず解約しておきましょう。

借り換え前のカードローンを契約したままだと、空いた枠でさらにキャッシングをしてしまい、収集がつかなくなる事態に発展しかねません。必ず古いカードローンは解約を!

管理人がおすすめする一番のカードローンはSMBCモビット!

ちなみに、私がおすすめするのは、SMBCモビットが一番おすすめだと思っています。

SMBCモビットなら10秒で簡易審査結果表示するだけでなく、あなたの携帯や勤務先に電話なしで審査が完了するので、他のカードローンにはない安心感がとてもあります。

特にカードローン審査を申し込むと、必ず審査確認の電話がありますが、SMBCモビットのWEB完結申込ならそれがありません。

しかも、SMBCモビットからの郵便物も届かないので、家族や恋人と一緒に暮らしているあなたも安心して借りることができるのが大きな特徴です。

また、SMBCモビットの金利は年率3.0%~18.0%と低金利なので、毎月の返済もムリなく続けることができます。

まずはSMBCモビットの「10秒簡易審査」を利用して、あなたが今すぐ審査に通るかさっそく調べてみましょう!

きっとSMBCモビットなら、あなたの心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

 

その他、おすすめの銀行カードローンのまとめ!


三井住友銀行

特徴
  • 24時間申込みOK
  • 口座開設なし!
  • 使い道自由!
実質年率 限度額 審査時間
4.0%~14.5% 10万円~800万円
WEB完結 提携コンビニ 土日申込
OK OK

>>審査基準など詳細情報はこちら!

SMBCモビット以外におすすめしたいカードローンとしてあるのは、三井住友銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンでは、限度額が10万円~800万円で借りれるうえ口座開設なしで審査が完了するのが大きな特徴。

他の銀行カードローンの場合、銀行口座の口座開設を条件にキャッシングできますが、三井住友銀行カードローンならその必要がありません。

また、カードローンとしての金利が安いだけでなく、毎月の最低返済額がとても安いので、毎月の返済もムリなく続けることができます。

※事業性資金にはご利用いただけません

みずほ銀行

特徴
  • 24時間申込みOK
  • 最大800万円!
  • 使い道自由!
実質年率 最大限度額 審査時間
2.0%~14.0% 800万円 2週間程度
WEB完結 提携コンビニ 土日申込
OK OK

>>審査基準など詳細情報はこちら!

SMBCモビットや三井住友銀行カードローン以外でおすすめできる銀行カードローンがあるとすれば、みずほ銀行カードローンもおすすめです。

みずほ銀行カードローンでもWEB完結申込が可能で、低金利で安心して利用することができます。

審査のスピードも非常に早く、来店不要で今すぐお金を借りる事が出来るので、急いでいる時にも大変便利です。

また大手メガバンクが発行するカードローンという大きな安心感もあり、利用者が非常に多く、あなたも安心して利用する事が出来ると思います。

限度額は最大で800万円まで借りれるほか、毎月の金利も年率2.0%~14.0%で借りれるので毎月の返済も無理なく続ける事が可能です。

スマートフォンからも簡単に申し込めるので、ぜひ利用してみて下さいね。

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

プロミス

特徴
  • プリカが貰える!
  • 30日間金利ゼロ!
  • 最短30分!
実質年率 最大限度額 審査時間
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
WEB完結 提携コンビニ 収入証明書
OK 50万円まで不要

>>プロミスの審査基準や口コミなどはこちら!

プロミスは銀行カードローンではありませんが、最大30日間の無利息キャッシングができたり、2000円分の三井住友プリペイドカードが貰えるなど、様々な特典やサービスが充実しています。

特に、無利息キャッシングを無料で何度でも利用できるカードローンは、今のところプロミスしかありません。

また、プロミスではレディースキャッシングのサービスを提供していたり、口座開設なし・来店不要のWEB完結申込に対応しているなど、契約が完了するまでのサポートの充実性もとても高いと評判です。

もしあなたがパートやアルバイト収入をメインとしているのであれば、間違いなくプロミスがおすすめなので、今すぐ審査を申し込んでみて下さい。

きっとプロミスならあなたにとって心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※申込み時間によっては即日融資に間に合わない場合がございます。

カードローンを選ぶ!

銀行カードローン
即日融資&WEB完結
無利息キャッシング
パート・アルバイト
大手消費者金融
中小消費者金融
おまとめ・借り換え
レディースキャッシング
土日審査
自営業・個人事業主

更新日:

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.