銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語るブログ

銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語るブログ

カードローン審査に必要な審査基準を元銀行員の澤田誠一が熱く語ります!

ホーム » 銀行系カードローンの特徴 » 

銀行カードローンの在籍確認で注意するべき5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

銀行カードローンの在籍確認で注意することとは?

在籍確認とは「あなたが本当に申告した会社に勤めているかを確認すること」です。

 

そんな在籍確認は、銀行カードローンの審査を申し込んでも必ずあります。

 

そこで、銀行カードローンの在籍確認では、一体何に注意をすれば良いのかを5つにまとめました。

 

  1. 在籍確認の流れはどんな感じ?
  2. カードローンの名前で言われるの?
  3. どんなことを聞かれるの?
  4. 会社の同僚にバレる心配はないの?
  5. 給与明細があれば在籍確認が省略される

 

在籍確認の内容は基本的に、銀行カードローンも消費者金融も同じです。

 

また在籍確認は、基本的に必須の審査項目なので、これをクリアしないとお金を借りることはまず難しいと思っておきましょう。

 

ただし、最後に紹介する方法を実践すれば、在籍確認が省略できる場合もあるので、参考にして下さい。

 

銀行系カードローンの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 7分

消費者金融が発券しているカードローンと比較して、銀行のカードローンにはいくつか特徴が存在しています。

  • 銀行カードローンの特徴
  • 金利がかなり安い

 

  • 総量規制の対象外

 

  • ほとんどで口座開設の必要がある

 

これらが銀行カードローンにおける主な特徴だと言えます。

 

基本的に銀行が発券するカードローンは金利がかなり安く、消費者金融から借り換えるだけで、毎月の支払がかなり減らせる事が出来る位に大きいです。

 

また銀行のカードローンの場合、あなたの年収に左右される事無くお金を借りる事が出来る審査になっているので、複数の借り入れ先から1本にまとめる時に大きな力を発揮してっくれます。

 

但し、銀行が発券するカードローンのほとんどは、必ずと言っていいほど、口座開設の必要があるので、今すぐお金を借りたいと言った即日融資には向いていないカードローンだと言えます。

カテゴリー
最近の投稿