カードローンの金利より格段に安い!生命保険を担保にお金を借りる方法!

カードローンの金利より格段に安い!生命保険を担保にお金を借りる方法!

生命保険証書や小規模共済の証書で借金ができるってホント?

結論から言えば、生命保険や小規模共済で積み立てたお金を担保に借金をすることは可能です。

これは「契約者貸付制度」と言って、解約返戻金の60%~70%くらいを限度額にしてお金を借りることができる仕組みになっています。

詳しくはこれらの記事が詳しく解説されているのでおすすめです。

 

生命保険の契約者貸付を使って一時的に現金を手に入れる方法
(参照元:ファイグー)

生命保険を担保にお金を借りる方法
(参照元:lify.jp)

契約者貸付制度とは?活用するとき知っておきたい4つ注意点
(参照元:保険の教科書)

 

ポイントになるのは、入っている保険が「生命保険」の「積立型」であることです。

掛捨てタイプの保険は、この契約者貸付制度を使えないので注意してください。

また保険商品によっては、この制度を利用できないケースもあるので、詳しくはあなたが加入している保険会社に問い合わせることをおすすめします。

 

生命保険貸付制度ならカードローンよりも確実に低金利で借りれます

まず生命保険を担保にした契約者貸付制度を利用するメリットは大きく3つに分かれるかと思います。

契約者貸付制度のメリット

低金利で借りれる
確実に借りれる
保険を解約する必要がない

基本的に契約者貸付制度を利用すれば、金利が1.5%~3%くらいで借りれるので、カードローンよりも低金利で借りれます。

また、解約返戻金の範囲内で確実に融資を受けることができるので、審査に通るか通らないかという不安になる必要もありません。

なにより、保険を解約する必要がなく現金が入るので、これまでに積み立ててきたお金を無駄にする心配がありません。

 

契約者貸付制度にはデメリットもあるので要注意!

もちろん契約者貸付制度にもデメリットがあります。特に注意したいのは、利息が返戻金上回ると解約される可能性がある点です。

契約者貸付制度のデメリット

利息は複利で計算される
複利が返戻金を上回ると強制解約となる
借入中に支払事由が発生すると相殺される

一番分かりやすいデメリットは、毎年の利息が複利的に増えて行く点です。

つまり、金利3%で100万円を借りた場合、1円も支払わずに放置していると、103万、106万900円、109万2727円…と言う風に、複利的に利息が増えて行きます。

この時、複利を含めた借入金額が解約返戻金を上回ってしまうと、せっかく加入していた生命保険が強制解約になってしまいます。

その他、制度を利用して借金しているときに、支払事由(死亡など)が発生しても、すでに借りているお金を差し引いた残金しか支払われない点にも注意が必要です。

この辺りの詳しい制度は、こちらのサイト記事でも詳しく解説されてありましたので、合わせて参照されて下さい。

生命保険でお金を借りる「契約者貸付制度」と「貸付金」とは3
(参照元:スルガ銀行ダイレクトワン)

 

これらのメリットやデメリットを踏まえたうえで、生命保険や小規模共済を利用した契約者貸付制度の利用を検討されるようにして下さいね。

 

小規模共済や倒産防止共済を利用しても契約者貸付制度は使えます

これは個人事業主や自営業の方に限定したお話になりますが、小規模共済を利用しても契約者貸付制度を利用することができます。

契約者貸付制度 一般貸付け
(参照元:中小機構)

この制度の良い所は、生命保険よりも貸付限度額の割合が高く、掛け金の7割~9割で借りれる点です。

また貸し付け利率も1.5%というかなりの低金利で借りれるのも大きなメリットです。

 

他にも、倒産防止共済に加入(法人のみ)していれば、返済期間が1年と短めですが、こちらも低金利で借りることができます。

倒産防止共済 貸付制度
(参照元:中小機構)

こちらも事業資金でしか利用できませんが、金利が年0.9%(平成23年4月1日時点)という低金利を無担保・無保証人で利用できます。

ただし返済期間が1年間と短いのと、期限一括償還という形なので詳細な返済計画が必要な点は注意してください。

 

どちらにしても、すでにある程度の積立金がある場合には、ぜひ一度中小機構に問い合わされることをおすすめします。

特に自営業や個人事業主だと一時的な資金繰りに悩むケースが多いと思うので、ぜひこの貸付制度を有効に使って下さいね。

 

契約者貸付制度はスピードは無いけど確実性を求めたい時におすすめ!

今回は生命保険などを使った契約者貸付制度についての解説をしました。

実はこの契約者貸付制度は、私も今回記事にしている時に初めて知った内容で、調べていてとても勉強になった内容です。

最近は奨学金の金利が高いと言うことで話題になりましたが、こうした契約者貸付制度を視野に入れて、教育資金の保険の意味も含めて生命保険に入るのも一つの方法かなと思います。

ただし、契約者貸付制度はあなた自身の生命保険料を担保にお金を借りるので、それ早々のデメリットやリスクがある点にも注意が必要です。

また、カードローンのように「即日融資で今すぐキャッシング!」という訳にもいかない点にも注意が必要です。

 

とは言え、カードローンや住宅ローンの様に「審査に通るかどうか分からない」と言った不確実性はないので、より確実にお金を借りたいときにはとても便利な制度だと思います。

もしあなたが「確実な返済の宛てがあるけど、一時期的にお金を借りたい」と言う時には、今回の契約者貸付制度を検討してみて下さいね!

カードローンを選ぶ!

銀行カードローン 即日融資&WEB完結
無利息キャッシング パート・アルバイト
大手消費者金融 中小消費者金融
おまとめ・借り換え レディースキャッシング
土日審査 自営業・個人事業主

関連記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...