日記

来年こそは!初めてでもできる確定申告の方法!

更新日:

来年こそは! 初めてでもできる確定申告の方法!

こんにちは。
澤田です。

今日は、昨日解説した内容に続いて「確定申告の方法」についても簡単に紹介したいと思います。

今回はあくまで「初めて確定申告をする人」に向けて解説するので、なるべく難しい言葉をなくして、分かりやすい内容にまとめたつもりです。

もし内容で分からないことなどがあれば、質問フォームからでも構わないのでご連絡下さい。

また、私は専門資格を持ち合わせている訳ではないので、最終的には税務署などで相談されることをおすすめします。

これを読んだあなたが少しでも確定申告に興味を持って頂けたら幸いです。

とりあえず控除証明書を集めておく!

控除証明書を集めることが 確定申告への第一歩!

前回の記事でも「控除証明書と名のつく物はすべてて保管しておく」ということをお話しましたが、基本はこれで間違いありません。

主な控除対象

  • 生命保険、入院保険
  • 小規模共済
  • 社会保険、国民年金
  • 住宅ローン控除
  • ふるさと納税(寄付金証明書)
  • 医療費の領収書

恐らく、これらの控除証明書さえ1つのファイルにまとめて保管しておけば、確定申告のシーズンが近づいたときに安心できるはずです。

また、会社勤務の方で手続きが面倒くさいという場合には、年末調整の時にこれらの書類を経理に提出すれば、代行してくれるかもしれません。

この辺りは会社側の判断によりますが、まずは「必要書類を全て保管しておく」ことが確定申告の第一歩になります。

 

確定申告の方法は国税局のyoutubeでチェック!

あなたの会社に税理士や経理の方がいるのであれば、控除証明書を持っていけば話は終わりますが、そうでない場合の話。

最近はインターネット上で、必要な情報を入力して印刷をすれば、確定申告に必要な書類作成が終わる仕組みになっています。

国税庁の確定申告ページ
https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl

ただし、推奨ブラウザがIEに限定されているので、スマホではなくパソコンからの手続きが必要な点には注意してください。

 

また、確定申告の操作方法などは、こちらの国税庁の動画が分かりやすくおすすめです。

ウェブ上での確定申告書の作成方法さえ分かってしまえば、確定申告の道のりは一気に縮まりますので、頑張って下さいね。

 

分からないことがあれば、税務署で聞き込み!

分からないことは 税務署でとりあえず聞く!

2月~3月の確定申告のシーズンは、税務署も対応で追われていますが、それ以外のシーズンは割と落ち着いています。

もし確定申告の書類作成で分からないことなどがあれば、最寄りの税務署に質問にいくか、担当の税理士などに聞いてみて下さい。

また最近なら税務署に電話を掛ければ、必要書類の手続き方法なども教えてくれます。

分からないからと言って諦めるより、分からないなりにやり遂げた方が、確実にあなたの成長に繋がります。

確定申告が自分で出せるようになれば、控除対象の科目にも興味が湧いて、個人でできる節税にも興味がでてくると思います。

少しづつで構わないので、まずは1年を通して控除証明書を保管することから始めてみて下さいね!

今月のおすすめ

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%で借りれる低金利な銀行カードローンになっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人でも口座開設なしで借りれるほか、カードの受取は三井住友銀行内にあるローン契約機でも受け取れるので、土日でも借りれておすすめです。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、口座開設なし・低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

提携ATMの利用手数料が無料になることや、毎月の返済額も安く設定されているので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ!

-日記

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.