マンションを買う理由?今あなたが買おうとするマンションは本当に必要ですか?

マンションを買う理由? 今マンションは本当に必要ですか?

あなたが買おうとするマンションは今本当に必要ですか?

恐らくこのページを開いたと言うことは、少なくとも今の時点であなたが「マンションを買うかどうか」で悩んでいるからだと思います。

確かに、マンションの購入となると、人生で一番大きな買い物になる人もいることでしょう。

実際、私も数年前にマンションを買ったのですが、値段としても結構な額になってしまいました。

そこで、実際にマンションを買った私からあなたへ、本当にマンションを買う必要があるのかどうかについて、少しだけ考えるヒントをお伝えしたいと思います。

 

マンションを契約する前に改めて考えて欲しい3つのこと

初めに断っておきますが、私は「マンションを買うか買わないか」には決着はでないと思っています。

特に今の時代、消費税の増税やインフレが原因で、物件価格は上がり、賃貸の料金も年々上昇傾向にあるからです。

なので、インフレ対策のためにマンションを買うというのも一つの方法です。

ただ、住宅費として払い続けるトータルのキャッシュは、賃貸よりもマンション方が高いというデータもあります。

(ただこれは、恐らくは、みんなが背伸びして「一生に一度の買い物なんだから」とオーバーローン気味に物件を買ってしまっていることに一つの要因があると思いますが…)

 

つまり、何が言いたいのかと言うと、マンションを買うか賃貸に住み続けるかは、どちらも「一長一短である」ということです。

厄介なのは、一度マンションを買ってしまうと、金銭的な問題により賃貸には戻りにくいという点です。

だからこそ、もしあなたが今まさにマンションの購入を考えてるのであれば、今から話す3つのポイントを基準に、改めて考えるようにして下さい。

 

1.本当に「今」必要なのか?

そもそも論として、本当に「今」必要なのか?ここからまずは考えてみて下さい。

恐らくマイホームを買うと言うことは、少なからず家族がいるかと思います。

この時考えて欲しいのが「どういった理由や目的で買おうとしているのか?」です。

例えば

  • 子供の将来のため(受験など)
  • 家賃を払うのが勿体ない
  • モデルルームに惚れた
  • マイホームを買うのが夢だった

理由や目的の内容自体は、実は何だって構いません。

ただ問題になってくるのは、その目的は本当に「今」達成させる必要があるのか?ということです。

良くあるのが「子供の将来のため」と口では言いながら、実はモデルルームにほれ込んでしまい、買う理由や口実を探してしまっているケース。

また「マイホームを買う」こと自体が目的となってしまい、大切な物件の情報や内容を正しく分析せずに契約に至ってしまうケースなどもあります。

こんな風に、本当にマイホームを買う目的と、あなたが欲しくなった理由が違う場合は、一度よく考え直して欲しいのです。

 

私のケースでは、仕事柄、自分の仕事スペースがないと仕事に集中できないので、子供部屋と距離を置くために家を購入しました。

ただこれも、今となって考えれば、コワーキングスペースなどの活用や、部屋が分かれている賃貸物件を探せば解消できた問題だったと思います。

もちろん、今住んでいる新居にはとても満足はしているのですが、マンションを買う前には、

「本当に今買わないといけないのか?」
「なぜ買う以外の選択肢ではダメなのか?」

改めて考えるようにして下さい。

 

 

2.その住宅ローンは本当に払えるのか?

良く考えて欲しいもう一つの事例が「その住宅ローンは本当に払えるのか?」ということです。

仕事柄、私はこれまでも多くの人が住宅ローンを払えずに、泣く泣く物件を手放すことになった人たちを見てきました。

せっかくマイホームを買っても、10年以内に何らかの事情で売却することになったケースは、数えきれないほどあります。

一般的に「今の年収の10倍がマンション購入の目安だ」なんて言われていますが、それは大きな間違いです。

なぜなら、今の時代、年収が維持できるかも怪しいですが、それ以前の問題として、買える値段から物件を探してしまうのはとても危険だからです。

と言うのも、実際にマンションを契約すれば分かりますが、手数料や家具代・引越し代金など、色んな諸費用を考えると、マンションの購入金額を年収の10倍で想定するのはとても危険だからです。

他にも、管理費や積立金、駐車場代金などの固定費もかさみます。まして修繕積立金は必ず年々上昇していくので、結果的に家賃よりも高くなりがちです。

だからこそ、住宅ローンを考えるときは、年収で計算するのではなく、今の家賃と比べてどこまで安く下げられているのかで計算するようにして下さい。

 

私の場合は、物件購入金額の約半額を頭金として入金させ、残りの半分を住宅ローンとして契約しました。

そこまでしても、積立金や共益費を足すと、賃貸暮らしのときより約1万円ほど安くなっただけです。

少なくとも「賃貸に住み続けるよりマンションの方がお得」と言う営業トークは、かなり疑って掛かるようにしましょう。

 

3.買うお金で運用したときの複利は計算したのか?

最後に忘れてはいけないのが、マンションの購入費用に充てるお金があるくらいなのであれば「資産運用した時の”皮算用”は済んだのか?」ということです。

あえて「皮算用」と書いたのは、本当に皮算用で構わないからです。

マンションの購入に必要な頭金が貯まっていないのに、フルローンで買うのは論外として、貯金が1000万円以上あるのなら、マンションを買う前にぜひ一度考えるようにしてみて下さい。

仮に貯金が1000万円あったとして、年率5%でお金が増えていくとするのなら、15年後には税引き後でも1700万円近くのお金が貯まります。

そこから先は、毎月5万円づつお金を抜きながら運用しても、お金が増え続ける計算になります。

それに対して、マンションの頭金に1000万円を突っ込んでも、手元に残るのは毎月の借金だけです。

 

これは本当に皮算用にしかすぎませんが、それでもあなたがこれまで汗水垂らして働いて貯めてきたお金を運用すれば、また違った未来も見えてくることを知っておいて欲しいのです。

素人による資産運用が成功するケースはとても稀ですが、それでもこれまで貯めてきたお金の大切さをもう一度考えるよいきっかけにはなるはずです。

そのお金を本当に手放してまで「今」買おうとするマンションには価値があるのか?

契約をするときには本当に良く考えるようにして下さい。

 

買うことは「ゴール」ではなく「負債の始まり」

マンションを買ったことを報告すると、多くの人は「おめでとう」といった言葉を掛けてくれると思います。

もちろんその言葉の意味には他意はなく、純粋におめでとうと言っているのだと思います。

また私は、先輩からは「これで人生の大きなイベントが大体終わったな」と言われました。

まるで人生のゴールに届いたかのような言い振りです。

 

ですが、家を買うことは本当に人生のゴールなんでしょうか?

マンションを買うこと自体は選択肢の一つに過ぎず、これから35年という長期のローンを支払続ける「負債の始まり」という側面の方が大きいと思います。

 

改めて伝えておきますが、マンションを買うこと自体は決して悪いことではありません。

むしろ私もマンションを買って、その住み心地にとても満足しています。

ですが、あなたがこれまで貯めてきたお金は、今から買おうとするマンション以上に大切なお金だと言うことも忘れないで下さい。

 

今の時代、年収を増やすことがどれだけ大変なのかはあなたも十分気づいているはずです。

だからこそ、35年の住宅ローンという大きな支出を本当に受け入れても大丈夫なのか?

その支出を受けれてなお、今から買おうとする物件は本当にあなたの人生や家族を豊かにするのか?

マンションを買う前に改めて考えるようにして下さいね。

カードローンを選ぶ!

銀行カードローン 即日融資&WEB完結
無利息キャッシング パート・アルバイト
大手消費者金融 中小消費者金融
おまとめ・借り換え レディースキャッシング
土日審査 自営業・個人事業主

関連記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...