毎月のカードローンが払えなくなったとき!あなたができる3つのこと!

毎月のカードローンが払えないあなたへ!

「毎月の支払いが厳しい」
「今月の支払いだけどうしても間に合わない」

カードローンを長く利用していたら、こんなときもありますよね。

もしあなたが毎月の返済が払えない月があっても、まずは慌てないこと!

最近の大手カードローンなら、事前に返済の相談をしておくだけで、当月の支払いを考慮してくれます。

もしもカードの返済が厳しいときは?

支払期日の延期を相談する
金利分だけの支払を相談する
金利や支払額の交渉も忘れずに!

こんな風に、カードローンの支払いが厳しいときがあっても、大手カードローンなら返済の相談ができるので安心です。

大切なのは返済ができないからと言って一人で悩まないこと!

カード会社側も、返済が難しい月がでるのは知っていることなので、まずは一人で悩まず相談するようにして下さいね。

 

なんでカードローンの支払いが厳しくても大丈夫なのか?

もし今のあなたが毎月のカードローンの支払いが厳しかったとしても安心して下さい。

一般的にカードの返済が払えなくなると、すぐに自己破産しないといけないと思われがちですが、実際にはそんなことはないんです。

と言うのも、実はカードローンの支払いが厳しい月があっても、大抵のカードローンでは返済の相談に乗ってくれるから。

しかも、返済相談や交渉次第では、今のあなたの金利や返済額を見直してくれるケースだってあるんです。

だからこそ、カードの支払いができないと一人で悩むのではなく、思い切ってカード会社に相談するようにして下さいね!

 

カードローンの支払いが厳しい時の3つの対処法!

「カードローンの支払いが厳しくても、一人で悩まない」

これはさっきも話しましたが、実際にはどうすればカード会社は返済の相談に乗ってくれるのか?

今回はカードローンの返済の相談方法や、主な交渉内容についてまとめました。

もしあなたが毎月の返済や支払いに少しでも困っているのなら、ここから先はしっかりと読み進めるようにして下さいね!

 

1.支払期日の延期を相談する

カードローンの返済内容で一番多いのが「もう少しだけ支払いを待ってください」と言う相談。

ですが、実はこの返済の相談方法はあまりおすすめできません。

と言うのも、返済の支払いを待ってもらったところで、遅延損害金が発生してしまうからです。

一般的なカードローンの遅延損害金は年率計算で約20%が相場と言われています。

つまり、10万円借りている状態で支払いを1週間遅らせた場合の遅延損害金は約383円になるということ。

これだけ見ると大した額に感じないかもしれませんが、問題なのは返済履歴による信用情報のキズ。

支払期日を待ってもらったとしても、返済遅れの情報はしっかりと残ってしまうだけでなく、遅延損害金も払わないといけないのです。

しかも、支払いを遅らせただけなので、結果的に毎月の収支が改善するものでもありません。

支払期日の延期がなぜおすすめできないのか?

遅延損害金が発生する
信用情報にキズが入る
結局払わないといけない

こうした背景があるので、「支払期日の延期」を相談することはあまりおすすめできません。

もちろん、何らかの事情でお給料の振込が遅れている場合などには有効な方法もあります。

ただ、それでも信用情報にキズが入るなどのデメリットがあるので注意しましょう。

 

2.金利分だけの支払を相談する

個人的におすすめしたいのが、この「金利分だけの支払いで相談をする」という方法です。

実は多くのカードローンでは、当月の支払いが厳しい人に対しては、金利の支払いだけでOKとしてくれるケースがほとんどなんです。

もちろんこれは、過去のあなたの返済実績であったり、残りの返済期間などの内容次第にはなりますが、カード会社としても「滞納されるよりはマシ」という考えから承諾するケースがほとんどなのだとか。

ちなみに。この方法を利用すれば、複数社からの借入がある場合でも完済を早められる方法があります。

 

詳しくはこちら
(作成中)

 

ただし、「金利分だけの支払い」方法にもいくつかのデメリットがあります。

なかでも一番大きなデメリットなのが「元金が1円も減らない」ということ。

あくまで金利分だけの支払いっていないので、元金は1円も減らず、結果的にいつまでも返済が終わらないという現象が発生してしまいます。

このため、あなたが本気で完済を目指したいのであれば、金利分+αで1円でも多く払うようにして下さい。

あくまで一時しのぎ的な方法にはなりますが、どうしても当月の支払いができない時には、この「金利分だけの支払い」を交渉するようにしましょう。

 

3.金利や支払額の交渉も忘れずに!

成功率としてはとても低いのですが、ダメ元で金利や毎月の支払額の減額の相談をしてみることは大切です。

絶対に減額してくれる訳ではないのですが、相談することで毎月の最低支払額を見直してくれるケースはゼロではありません。

特にこれまでのカードの利用実績が長く、返済実績がキレイであるほど、この金利や支払額の交渉は成功しやすくなります。

少なくとも、あなたが過去3年以上同じカードローンの支払いを続けているのであれば、一度ダメ元で相談するようにしてみて下さい。

まずは毎月の固定費を下げつつ、全体の収支バランスを整えることを目標にして行きましょう!

 

それでもダメなときは借り換えや1本化も検討する

もし今回紹介した

支払期日の延期を相談する
金利分だけの支払を相談する
金利や支払額の交渉をする

これら3つの方法を全部試したのに、毎月の収支がプラスにならず、返済も払えないままであれば、借り換えや1本化を検討するタイミングかもしれません。

もちろん、債務整理などで借金を大きく減らしても良いのですが、完済してから一定期間(5年~10年)は新規のローンが組めなくなるデメリットもあるので、あまりおすすめはしません。

また最悪のケースとして、カードローンが払えずに自己破産を選択してしまうと、持ち家を手放す必要もでてきます。

そういった状態を避けるためには、債務整理を選ぶのでなく、借り換えや1本化などを選択する方が賢いと言えます。

借金を1本にまとめることができれば、毎月の返済額も大きく減らすことができるだけでなく、毎月の収支バランスの計算も分かりやすくなるのでメリットがとても大きいです。

 

ぜひ一度検討してみて下さい。
合わせて読みたい
⇒おまとめローンの方法について(準備中)

借金で解決できない問題は絶対にありません。

なので、あなたも最後まであきらめず、あらゆる手段を尽くしてくださいね!

カードローンの返済額比較ページ

関連記事

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...