みずほ銀行カードローン

【金利の引き下げ方法は?】みずほ銀行カードローンで金利を引き下げる交渉術!

更新日:

【金利の引き下げ方法は?】みずほ銀行カードローンで金利を引き下げる交渉術!
みずほ銀行カードローンの金利ってもっと引き下げれないの?
カードローンの金利をもっと安く引き下げたいんだけど?

みずほ銀行カードローンの金利は年率2.0%~14.0%と他の消費者金融系カードローンなどと比べてもかなり割安に設定されている銀行カードローンです。

ただ、できるなら、みずほ銀行カードローンの金利をもっと安く引き下げたいとあなたも思いますよね?

実はみずほ銀行なら、ちょっとした交渉や手続きを実行するだけで、あなたも簡単にカードローンの金利を引き下げることに成功できるんです。

みずほ銀行カードローンの金利引き下げの方法!
  1. 限度額を高くする
  2. フリーローンを活用する
  3. 他社に借り換える

今紹介した方法のうち、どれか一つでも実践すれば、あなたが契約しているみずほ銀行カードローンの金利よりも安い金利でキャッシングできる可能性があります。

また、みずほ銀行カードローンなら審査の以外の時も丁寧に対応してくれるので、金利の交渉なども気軽に相談できるので安心です。

なので、もしあなたがみずほ銀行カードローンの申込をまだ済ませていないのなら、今すぐ申し込んでみて下さいね!

 

住宅ローンの契約があればカードローンの金利優遇が受けられる!

みずほ銀行だとカードローンの金利優遇が受けられるって本当?
みずほ銀行で住宅ローンを契約中の人に限り、カードローンの金利優遇が受けられるピヨ!

実はみずほ銀行なら、住宅ローンを契約中の人に限り、契約しているカードローンの金利から年0.5%の優遇を受けられるサービスがあるんです。

みずほ銀行カードローンの金利優遇
限度額 基準金利 引き下げ後
~100万円 年14.0% 年13.5%
~200万円 年12.0% 年11.5%
~300万円 年9.0% 年8.5%
~400万円 年7.0% 年6.5%
~500万円 年6.0% 年5.5%
~600万円 年5.0% 年4.5%
~800万円 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

ちなみに、みずほ銀行ならフラット35で住宅ローンを組んでいても、カードローンの金利優遇を受けられるケースがあります。

カードローンの金利優遇を受けるためには、みずほ銀行の店頭で直接申し出る必要などがあるので、詳しくは公式サイトより問い合わせてみることをおすすめします。

 

住宅ローン未契約でもカードローンの金利を引き下げる方法!

住宅ローンが契約できるなら、カードなんて使ってないよ!
住宅ローンの契約なしでも金利優遇って受けられないの?

お金が足りないからカードローンを契約したいのに、住宅ローンの金利優遇なんて意味がありませんよね。

そこで今回は、住宅ローンをみずほ銀行で契約していない人でも実践できる、カードローンの利下げ交渉術を紹介したいと思います。

交渉と言っても、実は難しい交渉などは一切なく、必要な手続きを行えば割と簡単にあなたが契約しているカードローンの金利よりも安い金利でキャッシングできる可能性があるんです。

今から順番にみずほ銀行カードローンの金利を引き下げる交渉術について解説していくので、読み飛ばすことなくしっかりとチェックして下さいね!

 

1.限度額を高くする

point 1
金利の高さは
限度額で変わる
手早く金利を下げたいなら増額審査が有効ピヨ!
どうして増額したら金利が下がるの?

実はみずほ銀行カードローンに限らず、多くのカードローンでは契約する限度額が高くなるほど金利が安くなるように設計されてあるんです。

みずほ銀行カードローンの金利
限度額 金利
~100万円 年14.0%
~200万円 年12.0%
~300万円 年9.0%
~400万円 年7.0%
~500万円 年6.0%
~600万円 年5.0%
~800万円 年4.5%
800万円 年2.0%

みずほ銀行カードローンの場合、限度額が100万円までは金利が年率14.0%になっていますが、限度額が200万円になれば年率12.0%にまで金利が自動的に下がる仕組みになっています。

そのため、単純に金利を下げることを目的とするならば、あなたが契約しているカードローンの限度額を増額させる方法が一番手っ取り早い利下げ方法と言えます。

使う予定もないのに限度額を増額しても問題ないの?
問題ないピヨ。むしろ金利が下がるから、増額審査はメリットが多いピヨ!

増額審査を利用して限度枠が広がったとしても、無理にお金を使う義務は発生しないので、金利が下がる分お得です。

また、限度額の増額審査は何度でもチャレンジできるので、昇給や昇進のタイミングで積極的に試してみることをおすすめします。

 

2.フリーローンを活用する

point 1
カードローンより
フリーローンが熱い!
カードローンとフリーローンの違いって何なの?
簡単に言えば「繰り返し使えるかどうか」の違いだピヨ!

カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも繰り返しキャッシングできるのに対し、フリーローンは一度にお金を融資した後は完済するまで新たな融資ができません。

カードローンとフリーローンの違い
カードローン フリーローン
何度も借りれる 単発融資
金利が高め 金利が安め
利便性重視 金利重視

利便性の高さだけを重視するならカードローンの方が便利ですが、金利の安さを追求した使途自由のキャッシングを考えるならフリーローンの方がおすすめです。

カードローンもフリーローンも使途自由ですが、フリーローンの方が金利が安いので、単純に金利を少しでも抑えてキャッシングしたいのならフリーローンの方が相性が良い事も多いです。

目的がはっきりしているならフリーローンがおすすめピヨ!
脱毛や歯列矯正を考えていたからフリーローンにするわ!

ちなみにみずほ銀行の場合、フリーローンは「多目的ローン」という名前で扱われているので、詳しくは銀行窓口で相談してみましょう。

複数のカードローンの支払いも、多目的ローンを使って一本にまとめるのも有効な方法なので、ぜひ相談してみて下さいね!

 

3.他社に借り換える

point 1
低金利なカードは
実はアイフルだった?
ぶっちゃけ、みずほ銀行より低金利なカードってないの?
実は、アイフルの限定カードローンがすごく低金利だピヨ!

もしあなたがみずほ銀行カードローンよりも低金利で安心して使えるカードローンを探しているのなら、アイフルのファーストプレミアムカードローンと言うのがおすすめです。

ファーストプレミアムカードローンとは?
  1. 初めての人限定
  2. 23歳以上59歳まで
  3. 年率3.0%~9.5%

アイフルのファーストプレミアムカードローンは、初めてアイフルを利用する人限定のサービスで、年齢が23歳以上59歳までの一定の収入がある人を条件に特別条件でキャッシングできるカードローンなんです。

限度額は100万円~800万円、金利は年率3.0%~9.5%という好条件で融資を受けられるので、少しでも良い条件でキャッシングしたいとあなたが考えているのなら、アイフルのファーストプレミアムカードローンはとてもおすすめです。

しかも今なら最大30日間まで無利息キャッシングも利用できるので、あなたもぜひアイフルの公式サイトで今すぐチェックして下さいね!

 

アイデアの数だけ金利を下げる方法は必ずある!

今回はみずほ銀行カードローンの金利を引き下げる為の交渉術や方法について解説してきました。

増額審査に通ったら金利が下がって良かったです!
多目的ローンを活用して脱毛ができました!
ファーストプレミアムカードローンで借りれました!

みずほ銀行カードローンに限らず、金利を引き下げる為の方法は、このブログ以外でも色んなサイトで紹介されてあります。

アイデアの数だけカードローンの金利を引き下げる方法はあるので、ぜひこのブログで紹介した方法以外の方法も色々と探してみて下さい。

また、みずほ銀行カードローンなら金利の相談についても随時受け付けているので、もしあなたが毎月の支払いを少しでも楽にしたいと思うのなら、迷わずにみずほ銀行に相談してみて下さい。

みずほ銀行カードローンならあなたの金利や支払いの相談も丁寧に乗ってくれるので、あなたも安心して利用することができますよ!

今月のおすすめ

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%で借りれる低金利な銀行カードローンになっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人でも口座開設なしで借りれるほか、カードの受取は三井住友銀行内にあるローン契約機でも受け取れるので、土日でも借りれておすすめです。

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは最大800万円まで借りれる年率2.0%~14.0%の銀行カードローン。

融資実行までに2週間ほどの時間は掛かりますが、丁寧な審査と対応で安心してお金を借りれるのが特徴です。

-みずほ銀行カードローン

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.