カードローンの審査基準について

カードローンの返済履歴はどこまで審査に直結する?

更新日:

「年収はあるのにカードローン審査に通らない」
「正社員なのにカードローン審査に通らない」

もしあなたが年収もあり、正社員や公務員などの安定した仕事に就いているにも関わらず、審査に通らないのであれば、

それはカードローンの返済履歴に問題がある可能性が高いです。

実はカードローンの審査は、あなたの年収がどれだけ高くても審査に落ちてしまう原因がいくつもあるんです。

そんなカードローンの審査落ちの原因の中で、もっとも可能性が高いのが「過去の返済履歴」という問題。

この「過去の返済履歴」に何か問題があるとカードローン側が判断した場合、あなたの年収がどれだけ高くても審査に落ちてしまう恐れがあるんです。

カードローンの審査では年収よりも返済履歴が大切

もしあなたが年収が高いのにカードローン審査に落ちてしまう場合には、まずは今紹介した3つのポイントを元に「返済履歴」を確認して下さい。

カードローンなどの金融審査は、条件さえ満たせば必ず通るので、あなたも諦めず最後まで審査を申し込んでみて下さいね!

 

カードローンの審査にどうしても通らない時は返済履歴に問題?

そもそも、なぜカードローンの審査に落ちるときに「返済履歴」が重要視されるのか?

実はカードローンに限らず、すべての融資審査では、あなたが過去に「いつ・どこで・いくら」返済してきたのかという履歴がとても重要視されているんです。

つまり、このあなたの過去の返済履歴に、「長期滞納」や「支払忘れが多い」など、何か問題があると判断されてしまうと、カードローンの審査に通りにくくなってしまうんです。

もちろん、そんな場合でもいくつかの対策や改善案はあるので、今から紹介する3つのポイントを元にして、あなたもカードローンの審査に通る対策を立てて行きましょう!

 

審査結果に影響する返済履歴の3つのポイント!

1.信用情報機関の内容がポイント

まず、すべてのカードローン審査では、あなたが審査を申し込むと必ずCICやJICCと呼ばれる「信用情報機関」に情報が届きます。

CIC貸金業法指定信用情報機関
JICC株式会社 日本信用情報機構
JBA全国銀行協会

実はこれらの信用情報機関は、あなたが「いつ・どこで・いくら・借りたのか」などの情報をチェックすることができます。

逆に言えば、これらの信用情報機関にカードローン側は加盟することで、返済実績の高い人にだけお金を貸せることができるということ。

そのため、これらの信用情報機関で、どれだけ良い返済実績(与信)を作ることができるのかがカードローン審査では大事になってくるんです。

  • 信用情報機関の内容が審査に影響する
  • カードローン側は返済実績も重要視する
  • 返済履歴がキレイなほど審査も有利になる

 

2.カード類やローン関係が重要

カードローン側が審査の時にとても重要視するのが、信用情報機関で記録されている「返済実績」です。

この返済実績というのは、あなたが過去2年間にわたるカード類やローン関係の返済履歴です。

主な返済履歴として記録されるもの

  • 他社カードローン
  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 信販会社の分割ローン など

主に「○○ローン」とか「分割払い」「リボ払い」と名前が付くものは、すべて信用情報機関で記録に残っていると思って間違いありません。

ちなみに、ガスや水道料金などの滞納は、あなたがクレジットカードで支払っていない限り、滞納していることはバレません。

また住民税や健康保険などの滞納も、信用情報機関には載らないので、これらの滞納が審査落ちの直接的な原因となることは可能性としては低いと言えます。

  • 過去2年間の返済履歴に注意!
  • 「○○ローン」や「分割払い」などが重要
  • 公共料金や健康保険などの滞納は影響は考えにくい

 

携帯電話の分割代金に注意!

「カードローンの返済履歴はバッチリ」
「クレジットカードも滞納なく払っている」
「なのに審査に通らないのは、どうして?」

もしあなたがそんな疑問を持っているのであれば「携帯電話の滞納」が問題になっている可能性があります。

最近の携帯電話は分割で購入する仕組みになっているので、実はしっかりと信用情報機関に登録されているんです。

携帯電話の滞納って意外と軽く見ている人が多いんですが、これも立派な返済実績の一つ。

実際、携帯の分割代金の滞納が原因で、カードローン審査だけでなく、住宅ローンの審査に落ちた人までいるんです。

また審査をするカードローンによっては、すでに分割代金の滞納が原因で携帯が解約になっている場合であっても、審査に落ちてしまうケースがあります。

なので、もしあなたが過去の携帯電話の分割代金などで、滞納の心当たりがある場合は、まっさきにそちらの問題を解決するようにしましょう!

  • 携帯の分割代金も審査に影響する
  • カードローンだけでなく、住宅ローンにも影響
  • 心当たりがある場合は、すぐに支払いを!

 

長期間の滞納履歴があると審査に通らなくなる?

カードローンの審査においてもっとも注意したいのが「長期間の滞納履歴があるか?」という点です。

カードローンや住宅ローンなどの金融審査では、あなたの返済実績がとてもチェックされます。

この時、もし過去の返済履歴で滞納が3か月以上続いていると「事故情報」に登録されている可能性が高くなります。

事故情報とは?
いわゆる「ブラックリスト」のこと。カード類の返済を一定期間滞納すると、貸し手側が信用情報機関に事故情報として登録してきます。この事故情報が残ってしまうと、完済後してから5年~10年ほど事故情報の履歴が残ってしまう恐れがあります。

一度この事故情報に登録されてしまうと、新規のカードローン審査はおろか、住宅ローン審査でも大きなマイナス影響になるので絶対に避けましょう。

もし仮に3カ月以上連続した滞納に心当たりがあれば、まずはCICなどの各信用情報機関に問い合わせてみることをおすすめします。

ちなみに、カードローンの審査基準は各社で違うので、仮に事故情報の履歴があったとしても、その後の返済実績などを考慮して融資を考えるケースもあります。

この辺りはカードローン側の判断になるので、信用情報を確認したうえで、 審査を申し込んでみることも方法としてはあります。

 

カードローンの審査対策としては少なくとも3カ月はキレイに

今回はカードローン審査において、返済実績がどこまで重要視されるのかをお伝えしました。

返済実績のポイント!

信用情報機関の内容がポイント

⇒CICやJICCなどがある。

カード類やローン関係が重要

⇒ガスなどの公共料金は含まれない

携帯電話の分割代金に注意!

⇒携帯の分割払いも返済実績の一つ!

基本的に金融審査というのは、あなたの年収の高さだけではなく、返済実績の優秀さも見た上で総合的に判断されます。

そのため、もしあなたが年収もしっかりあるのに、審査に落ち続けているのであれば、まずはこの返済実績を疑ってみて下さい。

意外と多いのが「携帯電話の分割払いの未納」です。

例えば、元カレや元カノにプレゼントにおくった過去の携帯電話の未払いなどは残ってはいませんか?

仮にプレゼントなどで携帯を渡したとしても、契約者名義があなたの名前であれば、それはあなたの借金の一つになります。

もし心当たりがある場合は、まずはCICなどの信用情報機関で個人情報の請求開示をしてみて下さいね。

カードローン審査は必要条件さえ満たせば必ず通るので、最後まであきらめず頑張っていきましょう!

今月のおすすめ

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%で借りれる低金利な銀行カードローンになっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人でも口座開設なしで借りれるほか、カードの受取は三井住友銀行内にあるローン契約機でも受け取れるので、土日でも借りれておすすめです。

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンなら、年率3.0%~9.0%と言う、他のカードローンにはない金利の安さで借りれます。

また最大30日間まで無利息でキャッシングできるほか、限度額も100万円~800万円までの間で借りれるので、借り換えやおまとめ目的にも使えるとても安心感のあるカードローンでおすすめです。

-カードローンの審査基準について

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.