その他

クレジットカードを使ったシッピング枠の現金化が危険な理由!

更新日:

クレジットカードを使ったシッピング枠の現金化が危険な理由!

「クレジットカードの現金化を行います!」
「高い還元率でクレカを現金化します!」

東京や大阪などの都心部を歩いていると、たまにクレジットカードの現金化を謳っている看板を見かけたことはありませんか?

結論から言えば、法律には違反していなくても、クレジットカードの現金化はカード会社の利用規約に違反しているので利用はNGです。

ただ、知識の上でクレジットカードの現金化を知っておくと、人生で泣きを見る人が減ると思ったので、今回改めて記事に起こしたいと思いました。

もしあなたがクレジットカードの現金化を考えているのなら、ぜひクレカ現金化のリスクや問題点を知ったうえで考えて下さい!

これを読めば、あなたもクレジットカードの現金化の方法や問題点・リスクがばっちり分かりますよ!

 

そもそもクレジットカードの現金化の仕組みとは?

クレジットカードの現金化はあとで泣きを見る羽目になる…

そもそも「クレジットカードの現金化」と言うのは、あなたが持っているクレジットカードの「ショッピング枠」で何か特定の商品を購入し、それをすぐに別の業者に買い取って貰う方法のことを言います。

分かりやすい例としては「ブランド品や商品券をクレジットカードで購入し、すぐに質屋やチケットショップで売却する」方法などです。

この方法を利用することで、クレジットカードのキャッシング枠が一杯だった人も、ショッピング枠で購入した商品を売却した金額だけ現金を受け取ることができます。

画像引用元:「クレジットカード現金化業者達」様より)

ぶっちゃけ、私も学生時代にお金に困っていたことがあり、新幹線の乗車券をクレジットカードで購入し、チケットショップで売却した経験があります…

信用情報があまり良くない学生にとっては、審査に通りにくいカードローンより、すぐに現金化に成功するクレジットカードの現金化の方が手軽だった訳です。

ただ、クレジットカードの現金化に成功した私は、その後、カードの支払いや督促の電話で泣きをみる羽目になりました…。

 

クレジットカードの現金化が危険な理由とは?

そもそもクレジットカードの現金化がどうして危険なのか?

私も学生時代にクレジットカードの現金化を行ったから分かりますが、クレジットカードの現金化を実行するくらいなら、カードローン審査を申込んだ方がマジで安心で安全です。

と言うのも、一度でもクレジットカードの現金化を行ってしまうと、その後の返済や支払で一気に生活状況が悪化してしまうからなんです。

  1. 還元率が悪すぎる
  2. カード会社から鬼電が発生
  3. 分割支払いができなくなる
  4. カードの更新が切られた

私が二度とクレジットカードの現金化をしないと心に誓ったのは、上のような流れでクレジットカードが使えなくなってしまったからです。

具体的には、主に以下のような流れで私はクレジットカードの一括返済&強制解約の流れまで進んでいきました。(以下、私の黒歴史ともいえる、カード強制解約の体験談です…)

 

1.クレカ現金化の還元率は75%~80%とカードローンの金利より酷かった

学生時代にお金がなかった私は、翌月の家賃と生活費の足しにするため、カードローンの審査に申し込むも撃沈。仕方ないので、インターネットで情報を漁っていると「クレジットカードの現金化」というキーワードを発見しました。

「これならカードローンの審査に通らなくても、すぐにキャッシングできるじゃん!」

と、クレジットカードの現金化したときの還元率の悪さを知らない当時の私は、さっそく自分の手持ちのクレジットカード(当時は「VISA」)を使って、JRの窓口へ向かい東京・大阪間の新幹線の自由席の切符を購入しました。

ほどなくして、近くのチケットショップで購入したばかりの新幹線の乗車券を売却し、クレジットカードの現金化に成功。

当時、新幹線の自由席は大体13500円だったのですが、チケットショップで売却した時の金額はおよそ12000円だったので、還元率としてはおよそ88%と言ったところでしょうか。

つまり、10000円分のショッピング枠を利用しても、8800円の現金しか手に入れることができない還元率の悪さがクレジットカード現金化の1つ目の問題点と言えます。

クレカ現金化が危ない理由1「還元率が悪い」

  • 還元率は75%~80%が基本
  • 新幹線などの還元率はまだマシ
  • カードローンの金利より割高傾向

 

2.カード会社からの鬼電が始まる

多少の還元率が悪いと言っても、当時お金のなかった私としては背に腹は代えられず、繰り返し新幹線の自由席をクレジットカードで購入してはチケットショップで売却する日々を送りました。

そして、ある時、見知らぬ電話番号から着信が…

最初は知らない番号からの電話に出るのも何か嫌だなぁと思い、そのままスルーしていましたが、何日経っても毎日1回は着信が残っている状態。

仕方ないので、不信に思いながらも電話に出てみると「VISAカードの田中と申しますが澤田様でしょうか?」と、なんど不正使用していたVISAカードから直々に電話が掛かってきたんです。

電話の主がVISAカードのデスクだと分かった瞬間、さすがの私も心臓が飛び上がり、瞬間的に「ヤバいな…」と悟りました。

クレカ現金化が危ない理由2「カード会社からの鬼電」

  • 不正利用がバレると電話が掛かる
  • 電話に出ない限り、毎日電話が鳴る
  • 心理的に結構なプレッシャー

 

3.ある日、分割支払いができなくなる

VISAカードから直々に電話を掛けてきた理由は大体察しがつくものの、「どうかしましたか?」と、内心焦りながらも平静を装いました。

「11月3日と11月10日に新幹線の乗車券の購入履歴があったのですが、こちら澤田様ご本人が購入されたことで間違いありませんでしたでしょうか?」

やはりと言うか、VISAカード側は当然私の不正使用を疑って電話を掛けてきている状態…

私も防戦一方ではいけないと思い「友達と旅行するのに代理でまとめて購入したんです」ともっともらしい嘘を展開し、VISAカードの電話担当者に正当性をアピール。

「左様でしたか、ご本人様が利用されていた確認が取れたのであれば問題はありません。この度はお時間を頂きありがとうございました。」

と、VISAカードの電話担当者はあっさりと私の嘘を受け入れ、今回の不正利用の件を不問にしてくれるのかなと、私は心の中でガッツポーズを決めようとした次の瞬間!

「ただ、念のため、次回の支払いは分割ではなく一括で返済をお願いできますでしょうか?」

!!

青天の霹靂とはまさにこのことで、この瞬間の肝の冷やした感覚だけは、今も忘れることができません。

まさか、本当にある日突然、カードの一括返済を求められる日が来るとは…

すでに新幹線の乗車券の回数券(6枚綴り)を2冊購入していた私の翌月の返済額は16万円に膨れ上がり、学生の私にはまず返せない金額であることの実感と焦りが、VISAカードからの電話を切った瞬間からドッと私の胸に流れ込んで来ました。

クレカ現金化が危ない理由3「ある日一括返済を求められる」

  • 本当にある日急に一括返済になる
  • 分割をお願いできる雰囲気はゼロ
  • 交渉の余地はなく淡々と言われる

 

4.死ぬ気で働いて返済しても次年度のカード更新を切られた

「さすがにヤバい…」

電話を切った直後の私の頭の中は、とてもじゃないけど返せない金額16万円のことで一杯になりました。

当時の私のバイト収入は月10万円ほどあったにしろ、毎月の家賃や生活費のことを考えれば、どれだけ生活費を切り詰めても返せない金額であることは明白です。

そこからの私は、大学を1か月ほどサボり、短期の日雇いバイトで返済金額を稼ぐだけの日々が続きました…

「なんてバカなことをしたんだろう…」
「なんで、必要な金額を働いて稼がなかったのだろう…」

そんな暗い気持ちの後悔だけが私の心を埋め尽したまま、1か月間あたすら日雇いバイトと普段のバイトのダブルワークをこなし続けました。

ビルの清掃、ごみの分別、牛皮加工の手伝い、植物検査のアシスト…派遣会社の言いなりのまま、あらゆる3Kバイトを耐え抜き、何とか16万円の返済金額を用意。(本気で辛かった…)

なんとか無事にクレジットカードの一括返済にも耐え抜いた私ですが、さらなる追い打ちをVISAカードは仕掛けてきました。

それが「次年度のカード更新の停止」という通達です。

ペラペラの封筒の中に入っていた、たった一枚の便せんには、

「総合的に判断した結果、貴殿の翌年のカードの更新を取りやめることに致しました。これまでのご愛顧ありがとうございました」

と一方的な通知だけで、次年度のVISAカードの更新が途絶えてしまいました。

その通達が届く前から、クレジットカードでの決済ができないことに不安を感じていましたが、この通達を受取った瞬間に私はようやく、自分が強制解約になったことを理解しました。

 

あれから10年以上も経ちますが、いまだにVISA関連のカード審査には通りません。

もしかしたら住宅ローンの審査に落ちた原因も、携帯電話の滞納だけではなく、VISAカードの不正利用も遠因となっているのかもしれませんが、本当の理由はいまだに分かりません。

そして、VISA社内のブラックリストデータに私の履歴が一生残る可能性もゼロではなく、カードの強制解約という履歴はその後、正真正銘、私の人生のキズとなって残り続けそうです。

クレカ現金化が危ない理由4「カードの更新が切られる」

  • 次年度のカードの更新がなくなる
  • 通知は一方的に届いてくる
  • 社内ブラックに残り続けるかも…

 

クレカの現金化をするならカードローンの方が数千倍安全!

今回は私の黒歴史ともいえる、学生時代に起こしたVISAカードの不正利用の体験談を元に、クレジットカード現金化の危険性やリスクをお伝えしました。

そもそも、クレジットカードの現金化は換金効率が悪いくせに、カード会社にばれたら一括返済を求められるだけでなく、強制解約まで発展してしまいます。

しかも一度でも強制解約になってしまえば、その履歴はあなたの信用情報の履歴に一生キズを残しかねません。

そんなリスクを背負うくらいだったら、私は潔くカードローンでキャッシングをし、毎月の支払いをリボ払いで少しずつ返済していった方が、遥かに家計の状況も健全に改善していけると思っています。

実際、カードローンを利用した信用情報の履歴は、滞納問題などを起こさない限り、完済後5年経てばきれいに消えてなくなります。

一方、クレジットカードの現金化を利用し不正使用がバレてしまえば、カードの強制解約という履歴が残り続け、仮に信用情報の履歴から消えても、社内のブラックリストのデータに残り続けてしまいます。

 

繰り返しになりますが、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化行為はクレジットカード会社の利用規約に反します。

第39条 (退会および会員資格の喪失等)

(4)会員の信用状態に重大な変化が生じたとき、または換金目的によるショッピング利用等会員によるカードの利用状況が適当でないと当社が判断したとき。

引用元:JCB利用規約 第39条 ※2018年2月18日時点より

引用したのはJCBの利用規約ですが、簡単に言えば「クレジットカードを換金目的で使ったり、疑わしかったら、カード会員を解約させますよ」と言う規約がはっきりと明文化されています。

少額のやり取りであれば、カード会社も気づかない(黙認?)してくれるケースもあるかもしれません。ですが、もし現金化したことがカード会社にバレてしまえば、カードの一括返済と強制解約があなたを待っています。

カードの強制解約やブラックリスト入りを恐れてクレジットカードの現金化を利用するくらいなら、大手のカードローンを利用してキャッシングした方が、あなたも安心してお金を借りれると思いませんか?

大手のカードローンなら、あなたが思っているよりも安全に低金利でキャッシングできるので、ぜひ利用してみて下さい。

きっとあなたもカードローンの良さを実感することができると思いますよ!

参考記事
今すぐ借りれる大手カードローンはこちら!

今月のおすすめ

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%で借りれる低金利な銀行カードローンになっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人でも口座開設なしで借りれるほか、カードの受取は三井住友銀行内にあるローン契約機でも受け取れるので、土日でも借りれておすすめです。

プロミス

プロミスなら審査時間が最短30分で完了し、無利息キャッシングを即日融資で利用できる人気の高いカードローンになっています。

しかもセブン銀行ATMで表示されたQRコードをプロミスの公式アプリで読み取るだけでキャッシングできるので、土日祝や平日の深夜など、時間を気にせず24時間いつでもお金を借りれますよ!

-その他

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.