おまとめローンと総量規制対象外の関係!銀行カードローンならおまとめできるのか?

おまとめローンと総量規制対象外の関係!銀行カードローンならおまとめできるのか?

おまとめローンを活用すれば総量規制対象外で借りれます!

「カードの毎月の返済が厳しい…」
「今月もカードの返済ですぐに金欠になった…」

こんな状態になってしまうと、折角のお給料日もすぐにカードローンやクレジットカードの返済でお金が底を尽き、精神的にも苦しくなってきますよね。

ですが安心して下さい。

たとえあなたが毎月のカードの返済に辛く苦しんでいたとしても、おまとめローンを上手に活用すれば、今の借金苦から脱出することもできるんです!

画像:おまとめローンを活用するメリット!

・複数社からの支払いが一本化できる!
・より安い金利に借り換えることで返済が楽に
・毎月の生活にもゆとりが生まれやすくなる!

複数社からの借入がある時ほど、
おまとめローンが有効に!

特におまとめローンは総量規制対象外で借りることができるので、もしあなたがすでに年収の3分の1以上の借入があったとしても、審査に通る可能性は十分にあるんです。

今回はあなたがおまとめローン審査を申し込むときに、消費者金融と銀行、どちらに審査を申し込んだ方が良いのかを解説したいと思います。

もしあなたが本気で今の借金苦から抜け出したいと思うなら、今すぐこちらの記事を真剣に読み進めて行って下さいね!

 

おまとめするなら銀行と消費者金融、どちらがお得なのか?

画像:おまとめローンを扱う貸金業者は?

消費者金融 銀行カードローン

 

どちらの方がメリットがあるのか?

おまとめローンを扱う貸金業者は銀行と消費者金融の2つに分かれています。

私の個人的な意見としては、とりあえず銀行カードローンを利用したおまとめローンから審査を申し込んでみることをおすすめします。

と言うのも、消費者金融が提供するおまとめローンより、銀行カードローンの方が金利が安く支払いも安心できるからです。

 

銀行カードローンならおまとめローンの金利も安い!

画像:銀行カードローンでおまとめするメリット

・金利が安い
・毎月の返済金額も安い
・審査が早い

銀行カードローンでおまとめローンを組めば、
消費者金融より金利が安くなる!

「お金を借りるなら少しでも低金利な方が良い!」
「おまとめする時も安心できる所から借りたい!」

もしあなたがそんな事を考えているなら、間違いなく銀行カードローンがおすすめです。

と言うのも、銀行カードローンを活用すれば「低金利・返済額が安い・審査が早い」の3拍子揃っているからです。

おまとめ目的でも使える銀行カードローン

三井住友銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 500万円
千葉銀行カードローン 500万円

また、銀行カードローンならではの安心感があり、毎月の返済の相談も親身になって乗ってくれるのも大きなポイントだと言えます。

ただし、銀行カードローンでおまとめローンを組むときは、初回審査では思った様な金額で審査に通らないことが多いので注意が必要です。

そんな時は下の様な手順で、徐々に銀行カードローンの限度枠を広げるようにしておまとめローンを組む方法がおすすめです。

ぜひチェックしてみて下さい。

 

消費者金融のおまとめローンの方が希望額で審査が通りやすい!

画像:消費者金融でおまとめするメリット

・総量規制対象外で借りれる
・まとまった金額を一度に借りれる
・大手を利用すれば安心!

消費者金融でおまとめローンを組めば
一度の審査でまとまった金額を借りれる!

一方、消費者金融が提供するおまとめローンを利用すれば、一度の審査でまとまった金額をおまとめすることができます。

通常、消費者金融は総量規制の貸金業者になるので、年収の3分の1以上のお金を借りることができません。

ですが、おまとめローン専用商品は総量規制対象外で借りることができるんです。

そのため、各消費者金融が提供する「貸金業法に基づくおまとめローン」という商品を申し込めば、あなたも年収の3分の1以上のお金を一時的に借りることができるんです。

主な消費者金融のおまとめ先

プロミス おまとめローン 300万円
アイフル かりかえMAX 500万円
中央リテール おまとめローン 500万円

今紹介した消費者金融でのおまとめローンなら、これまでも多くの人が利用してきましたし、安心して利用できると評判になっています。

特にプロミスのおまとめローンは審査も丁寧に行ってくれますし、返済の相談も色々とできるととても評判です。

女性利用者にも優しいと口コミで話題になっているので、男女ともにおすすめのおまとめローン先になっていると言えますよ!

 

金利の安さなら銀行、おまとめしたいなら消費者金融

では、銀行カードローンと消費者金融なら、どちらの方がおまとめローンとして優秀なのか?

繰り返しになりますが、私としては銀行カードローンを利用したおまとめローンの方が金利も安いのでおすすめしたいです。

画像:銀行カードローンと消費者金融のおまとめの違い

銀行カードローン 消費者金融

金利が安い  まとまった金額を借りれる

あくまで銀行カードローンは「おまとめ目的として”も”使える」だけなので、一度にまとまった金額を借りることはできません。

ですが、あなたの支払い能力や過去の返済実績を元にして、銀行側も審査を真剣に行ってくれます。

なので、まずは銀行カードローンに仮審査を申し込んでみて、あなたが希望する限度額で審査が通るのかどうかを試してみるのがおすすめです。

おすすめのおまとめローンの申込み手順

1.銀行カードローンで仮審査を申し込む

2.希望額じゃない時は消費者金融に乗り換える

私がおすすめする方法としては、先に銀行カードローンで仮審査を申し込んでおき、希望の限度額を提示されなければ消費者金融に乗り換えるという方法です。

これなら銀行カードローンで希望額を借りれたらそれでOKですし、もし審査に落ちたとしても、消費者金融でおまとめ審査を申し込むチャンスが残ります。

ただし、審査を申し込むときは同時に申し込むのではなく、1社1社の審査結果がでてから順番に申し込むようにして下さい。

一か月で3社以上審査を申し込んでしまうと、一時的に審査に通りにくくなる点にも注意してくださいね。

 

状況に合わせておまとめ先を決める!

今回は銀行カードローンと消費者金融でのおまとめローンの違いを解説しました。

もしあなたがおまとめローンを今すぐ実行したくて、今すぐにでも借金問題を解決したいと思うのなら、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローンバナー

みずほ銀行カードローンのスペック

みずほ銀行カードローンのメリット

審査時間が短い
まとまった金額を借りれる
みずほ銀行の安心感

特にみずほ銀行カードローンなら、おまとめ目的での利用と相性がよく、まとまった金額を借りても毎月の返済額は消費者金融と比べ安くなりやすいです。

なので、まずはあなたがみずほ銀行カードローンでおまとめできるか、さっそく審査を申し込んでみましょう!

きっとみずほ銀行カードローンならあなたにとって心強い味方になってくれること間違いありませんよ!

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら!

カードローンを選ぶ!

銀行カードローン 即日融資&WEB完結
無利息キャッシング パート・アルバイト
大手消費者金融 中小消費者金融
おまとめ・借り換え レディースキャッシング
土日審査 自営業・個人事業主

関連記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...