銀行カードローンはいくらまで借りれるのか?

銀行カードローンはいくらまで借りれるのか?

銀行カードローンは年収の3分の1以上借りれるのは嘘?

「銀行カードローンは総量規制対象外のため、年収の3分の1以上のキャッシングができる」

こういった説明が私のブログを含め、多くのサイトで解説されている一般論です。

ですが実際のところ「銀行カードローンはいくらまで借りることができるのか?」あなたも気になったことはありませんか?

結論から言えば、銀行カードローンでいきなり年収の3分の1以上のお金を借りることはかなり厳しいと予想できます。

これは、カードローン側の事情が大きく、過去の返済実績やカードの利用実績を見ながら、徐々に借入枠が大きくなっていくことが主だからです。

銀行カードローンはいくらまで借りれる?

始めは50万円スタートが多い
返済比率で考えると分かりやすい
他社の借入状況なども加味される

基本的にはこんな感じで、限度額が50万円からスタートし、あなたの利用実績や返済比率を加味しながら、限度額が徐々に増額されていくイメージが分かりやすいかと思います。

ちょうどクレジットカードと同じような感じで、利用期間や返済実績によって利用額が増えていく感じです。

そのため、銀行カードローンはいきなり年収の3分の1以上のお金を借りれるのではなく、少しづつ限度額が広がって行くものだと思ってください。

では、銀行カードローンは最終的にいくらまで借りることができるのか?

今回はこの素朴な疑問について、分かりやすく解説して行きたいと思います。

 

初めて銀行カードローンを利用する場合、50万円スタートが多い

これは実際に銀行カードローンを申し込んだ人たちのアンケート結果から分かることですが、初回審査に通過したあとに受けられる融資額は「50万円」であることが多いです。

このグラフは、実際に私がカードローン審査を申し込んだ方たちにアンケートを取って調べたデータなのですが、基本的に初回の限度額は50万円スタートであることが多いです。

これは銀行側としても「いきなり大金を貸すのはリスクがある」と判断していることが主な要因かと思われます。

もちろん、一部の方(年収500万円以上の正社員など)は初回から100万円や150万円と言った高い限度額を引き出しているケースも中にはありました。

ただこのケースは例外的だと思うので、基本的には銀行カードローンに審査に通っても初回の限度額は50万円が上限だと思っておいた方が良いかと思います。

 

フリーター・主婦・学生だと更に安い限度額になることも

ちなみに、銀行カードローンの限度額はフリーター・主婦・学生などの人には融資額が50万円よりもさらに低い金額で融資するケースの方が多いです。

もともと銀行カードローンは正社員や公務員などの社会人向けのカードローンとして位置づけられており、実際アンケート結果からも限度額が30万円を上限にしたり、融資不可の判断になるケースも目立ちました。

フリーターは勤務年数や年収によって変わる?

フリーターや自営業、個人事業主の場合は、銀行側によって判断がかなり変わるようです。

全体的な傾向としては、フリーターだから審査に落ちるというよりも、勤務年数や収入状況によって融資額が変わっている印象を受けます。

主婦や専業主婦は30万円が多い

銀行カードローンは総量規制対象外なので「配偶者に十分な年収がある場合は専業主婦でも年収の3分の1までを上限に融資を受けられる」という法律があります。(「貸金業法」より)

ただし、多くの銀行カードローンでは上限を30万円に設定してキャッシング枠に制限を設けているケースがほとんどです。

そのため、それ以上のお金をキャッシングしたい場合には、パート時間を増やすなどして、年収アップさせる必要があります。

学生はそもそもの審査対象から外れることも…

残念ながら、銀行カードローンの多くは学生へのカードローン発行には消極的です。

理由は色々とありますが、一番大きな理由としては「安定収入が低い」というのがあるようです。

この場合、プロミスやアコムなどの消費者金融の方が、学生に対しても融資を行ってくれるので、消費者金融系のカードローンを活用するようにしましょう。

参考記事
>>消費者金融はいくらまで借りれるのか?

 

住宅ローンを例にいくらまで借りれるかをシミュレーション

冒頭で「返済比率で考えると分かりやすい」と解説しましたが、銀行カードローンが何を基準に融資額を決定しているのかは、各カードローンにより判断が異なる上、融資額の計算方法を公表していません。

ただ住宅ローンの融資額はある程度計算ができます。

そこで今回は一例として、住宅ローンがいくらまで借りれるかをシミュレーションしたいと思います。

 

住宅ローンの融資額は「年収×返済比率×借入年数」

まず「銀行カードローンがいくらまで借りれるか?」の参考事例として、住宅ローンの融資額の計算方法を紹介したいと思います。

住宅ローンの融資額
年収×返済比率(30%~35%)×借入年数

基本的にはこの計算式を当てはめることで、あなたが借りれる最大のお金の計算をすることができます。

ちなみに、返済比率は「年収が400万円未満の人は30%、年収が400万円以上の人は35%」で計算されるのがオーソドックスな方法です。

例えば、前年度の年収が400万円の人と399万円だった人が35年ローンを組んだ場合の最大の融資額を計算すると以下の通りです。

年収400万円の住宅ローン金額
400万円×35%×35年=4900万円
年収399万円の住宅ローン金額
399万円×30%×35年=約4190万円

こんな形で、年収により返済比率が決まり、最終的な融資額が決定されるのが住宅ローンの基本的な計算方法です。

※実際には審査金利や他社の借入状況などが加味されるので、組めるローンの金額はもっと下がりますが、計算方法の一つとして知っておくと便利かと思います。

つまり、銀行カードローンにおいても、あなたの年収に応じて返済比率が設定されており、年収が高いほど返済比率が高く設定される可能性が高いということ。

特に、年収が299万円の人より300万円の人の方が、借りれる限度額が高くなりやすい傾向にあるのはアンケート結果からも良くわかります。

そのため、一般的には「年収の3分の1以上借りれる」と言われている銀行カードローンですが、実際には「年収が高い人ほど年収の3分の1以上のお金を借りれる可能性が高い」という考えを持っておいた方が良いかもしれません。

参考までに:住宅ローンの返済比率表

せっかくなので、一般的に言われている住宅ローンの返済比率を一覧にまとめておきます。

住宅ローンの返済比率

税込み年収返済比率
300万円未満25%以下
300万円以上400万円未満30%以下
400万円以上700万円未満35%以下
700万円以上
※一部、設定のない銀行もあります。
40%以下

必ずしも銀行カードローンでの融資額がこの計算図表で計算されている訳ではありません。

ですが「いくらまで借りれるかな?」という一つの目安として知っておくと良いかと思います。

 

他の借入残高を加味した上で銀行カードローンの融資額が決まります

「銀行カードローンはいくらまで借りれるか?」の最後のポイントとして挙げられるのは「他社からの借入残高や利用実績を考慮に入れて、最終の融資額が決まる」ということ。

これは有名な話ですが、銀行カードローンは総量規制対象外と言いつつ、他のカードローンやクレジットカードの利用残高もしっかりとチェックしています。

これらカード類の利用残高を見たうえで、最初の融資金額が決まる仕組みなのが銀行カードローンです。

また、限度額をアップさせる方法としては、主に以下のようなものが挙げられます。

限度額をアップさせるには?

  • 返済期日を守り続ける
  • 長期利用者になる
  • 年収がアップする

特に年収が199万円から200万円にアップするなど、年収の桁が変わるタイミングが増額されやすい絶好のタイミングだと言えます。(「返済比率」参照)

この時も他社からの借入残高が加味されますが、年収アップすることで返済比率が変わりやすいので、増額審査で限度額アップに成功するチャンスが高いです。

 

銀行カードローンは50万円スタートが基本!あとは与信次第!

今回は「銀行カードローンはいくらまで借りれるのか?」という視点から、銀行カードローンの限度額の決まり方を考察してみました。

専門的な用語が増えたので、少し複雑に感じたかもしれないので、改めて簡単に解説すると、以下のような形で説明ができるかと思います。

銀行カードローンはいくらまで借りれる?

基本は50万円スタートだと思っておく
年収アップや返済履歴で増額されやすい
最終的な増額枠は人により大きく異なる

特に3番については、年収が高い人ほど返済比率も高く設定される傾向にあるので、年収の3分の1以上のお金を借りれる可能性がかなり高いです。

住宅ローンの返済比率から予想すると、年収が400万円を超えている人ほど年収の3分の1以上のお金を借りれるチャンスがあると言えそうです。

逆に年収が400万円未満の場合は、銀行カードローンを利用してもあまりまとまった金額を借りれない可能性が高いです。

ただ、消費者金融で借りるよりも、銀行カードローンの方が金利も安く増額審査のチャンスも大きいことは間違いありません。

また限度額が高くなるほど返済金額も高くなりやすいので、あなたが本当に返せる金額のお金だけをキャッシングされるようにして下さいね。

各カードローンの返済表も別の記事でまとめてあるので、ぜひ参考にして下さい。

「銀行カードローンがいくらまで借りれるのか?」というのもとても重要ですが、借り過ぎることなく計画的にキャッシングするようにして下さいね。

カードローンの返済額比較ページ

関連記事

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...