カードローンの審査基準について

カードローンの審査に通っている人の属性を調べてみた

更新日:

カードローンの審査に通っている人の属性を調べてみた

これまで過去の記事で、カードローンの審査基準審査に通る目安の年収など色々と解説をしてきました。

ただ、過去の記事を振り返って読んでいると、具体的な数字やデータというのがあまりないなと感じたので、今回はアンケート調査の結果をシェアしたいと思います。

アンケート調査で分かった審査に通る人の共通点

性別は関係ない
職業はフリーターでも問題ない
年収は100万円以上の人が多い
借金は少ないほど有利
初回融資は50万円未満が多い

今回は実際にカードローンを申し込んだことのある200人を対象にして、アンケートを取ってみました。

その結果から分かったことは、年収が100万円くらいのフリーターでも審査に通っている人は多いということ。

もちろん、限度額が50万円以上の高額な金額を借りれた人はほぼいませんが、それでもあなたの職業や年収を理由にカードローン審査を諦める必要はありません。

今から紹介するアンケートデータを元して、あなたが借りれそうなキャッシングの限度額を探してみて下さいね!

 

カードローンの審査に通った人の共通項を詳しく解説!

1.性別は関係ない

アンケート調査をして分かったことは、カードローン審査に通るのに性別はまったく関係ないということ。

今回は審査に通った人のデータだけを集めていますが、男女に大きな差はありませんでした。

ちなみに審査に落ちた人のデータをまとめると、審査を申し込んだ男女比は5:4の割合でやや男性の方が多いです。

 

2.職業はフリーターでも問題ない

次にカードローンの「審査を申し込んだ人たちの割合」と「審査に通った人たちの割合」を円グラフでまとめると以下のようになりました。

審査に落ちた人の職業割合

審査に通った人の職業割合

実は正社員でも条件次第ではカードローン審査に落ちていることがよく分かります。

2つのグラフを比較しても分かる通り、何か特定の職業が審査に不利になりやすいというのはあまり関係ないことが分かります。

このことからも、あなたの職業がフリーターであることを理由に、カードローン審査を諦める必要はないと言えます。

 

3.年収は100万円以上の人が多い

次に年収別に「審査に落ちた人の年収割合」と「審査に通った人の年収割合」をグラフで比較してみました。

審査を通った人の年収は100万円~300万円くらいが多いですが、審査に落ちた人たちの分布とあまり大きな差がないことが分かります。

確かに、一般的には年収が100万円以上あった方が審査結果は良いと言われていますが、返済履歴や限度額などの条件次第では、年収が100万円未満の場合でもチャンスがあると言えそうです。

 

4.借金は少ないほど有利

今回のアンケート調査で、一番大きな差が現れたのが「審査を申し込んだ時点での他社借入額」でした。

グラフを比較すると、他社借入額が50万円を超えてくると、審査に落ちる人が増えていることが分かります。

これはカードローン審査を申し込む人たちの年収が100万円~300万円が中心だったため、総量規制の対象となったことが原因と予想されます。

そのため、もし年収の3分の1以上のキャッシングをあなたが希望するなら、銀行カードローンの利用を検討されるようにして下さい。

 

5.初回融資は50万円未満が多い

最後に審査に通った人たちが初回のキャッシング枠がいくらになったのかをグラフにまとめました。

グラフから読み取る限りでは、初回の審査でいきなり100万円以上の融資を引き出すことはかなり難しいことが分かります。

今回は消費者金融tと銀行カードローンの申し込みをごっちゃにして統計を取っていますが、総量規制対象外の銀行カードローンでも100万円以上の融資を一度に出すことはかなり珍しいことが分かりました。

このことからも、カードローン審査は初回の融資額を抑えて、増額審査で枠を広げるのが基本ということが分かります。

 

最も大切なのは返済履歴をキレイにしておくこと

今回は実際にカードローン審査を申し込んだ人たちに協力をお願いして、カードローンの審査に通った人たちの共通点を探してみました。

今回アンケートに協力してくれた人は約200人でしたが、その中で審査に通った人たちは139人でした。

消費者金融の審査通過率が50%~60%くらいと言われているので、今回のアンケート結果はそれなりに正確だと言えるかと思います。

私は統計学の専門でもなければ、アンケート分析のプロでもないので、今回のグラフがどこまであなたのお役に立てるかは分かりませんが、少しでも参考になる部分がありましたら幸いです。

また、今回のアンケート結果から感じたことは、年収や職業などで審査結果に違いがでにくいのであれば、審査に落ちる直接的な原因は「返済履歴」で間違いないであろうということです。

住宅ローンでもそうですが、この手の金融審査では必ず他社の返済履歴が重要になって来ます。

特にカードローンの場合、他社の返済履歴が少なくとも3か月以上はキレイな状態を保てていないと審査に落ちやすいと言われています。

なので、もしあなたがこれからカードローン審査を申し込むのであれば、少なくとも直近の3カ月分の返済履歴だけはキレイな状態にして審査を申し込むようにして下さいね!

カードローン審査に通ればあなたも今の生活のピンチを必ず切り抜けられるので、ぜひ頑張って下さい。

今月のおすすめ

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%で借りれる低金利な銀行カードローンになっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人でも口座開設なしで借りれるほか、カードの受取は三井住友銀行内にあるローン契約機でも受け取れるので、土日でも借りれておすすめです。

アイフル・ファーストプレミアムローン

アイフルのファーストプレミアムカードローンなら、年率3.0%~9.0%と言う、他のカードローンにはない金利の安さで借りれます。

また最大30日間まで無利息でキャッシングできるほか、限度額も100万円~800万円までの間で借りれるので、借り換えやおまとめ目的にも使えるとても安心感のあるカードローンでおすすめです。

-カードローンの審査基準について

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.