カードローンの審査基準について

カードローンの審査で持ち家の区分はどこまで影響するのか?

更新日:

カードローンの審査で持ち家の区分はどこまで影響するのか?

まず一般論として言えることは「カードローン審査では持ち家の方が有利」ということ。

ちなみに「持ち家を持っていればそれだけで住宅ローン審査に通る!」と言った発言を書いている人がいますが、それは言い過ぎです。

実際、持ち家を持っていても、他のクレジットカードなどの返済実績が悪いために審査に落ちた人は大勢います。

あくまでカードローン審査は、あなたの与信を総合的に判断したうえで結果が決まる仕組みであることを忘れないで下さい。

持ち家とカードローン審査のポイント!

持ち家はカード審査で有利になりやすい
家族名義よりも自分名義の持ち家の方が有利
住宅ローンを組んでいる銀行でカードを発行する
ただし借り過ぎに注意すること!

持ち家を保有しているだけでカード審査が決まることはまずありえないのですが、それでも持ち家を持っている人の方が審査が有利になりやすいのは確かです。

特に自分名義で持ち家を保有しているのであれば、カードローンのスコアリングも大きなプラス。

今回は持ち家とカードローン審査の影響について、詳しく解説して行きたいと思います。

 

住宅ローンの残債が残っていてもカードローン審査は大丈夫!

持ち家を保有している方で、一番多い心配が「住宅ローンの残債が残っているけど、カードローン審査に通るのかしら?」という心配。

実は、住宅ローンの残債が残っていても、カードローン審査にはそこまでマイナスに働くことはありません。

これは住宅ローンで借りたお金が「総量規制対象外」として扱われるためです。

総量規制の対象外となるものは?
住宅ローンや自動車ローンなど「有担保で組んだローンに関しては、総量規制の対象外とし、現在の借入額に計算しないようにする」ということが貸金業法で定められています。詳しくは「総量規制対象外になる項目!」を参照して下さい。

そのため、住宅ローンの残債が残っていたとしても、毎月の返済がしっかりと行われていれば、そこまで審査でマイナスになる心配はありません。

むしろ、住宅ローンの残債が残っていたとしても、持ち家を保有している人の方がカードローン審査は有利になりやすいと言われているんです。

 

1.持ち家はカード審査で有利になりやすい

基本的に、持ち家を保有している人の方が、カードローンの審査通過率は高くなる傾向にあります。

これは「住宅ローンの審査に通るほどの信用や収入のある人なら、カードローン審査も大丈夫でしょ」という考え方が、貸し手側にあるからです。

そのため、あなたが持ち家を保有しているなら、住宅ローンの残債などを気にせずに、自信を持ってカードローン審査を申し込まれてみて下さい。

 

2.家族名義よりも自分名義の持ち家の方が有利

持ち家を保有している人のなかでも、「自分名義」で自宅を保有している人の方が審査は有利になりやすいです。

次に「家族名義」で自宅を保有している人が、審査でのスコアリングが高くなりやすいです。

これも理由はさっきと同じで「持ち家を持てる経済力がある人が家族にいるなら、何かあった時も返済してくれるだろう」という考えがカード会社側にあるためです。

 

3.住宅ローンを組んでいる銀行でカードを発行する

ちなみに、あなたがすでに住宅ローンを組んでいて、これからカードローンの発行を考えているのなら、住宅ローンを組んだ銀行でカードを発行するのがおすすめです。

これは一部の銀行カードローンのみが対象なのですが、すでに住宅ローンを組んでいる銀行でカードを発行すれば、カードローンの金利優遇を受けられる可能性があるからです。

住宅ローンとの併用で金利優遇があるカードローン

 カードローンの優遇金利
みずほ銀行
カードローン
契約した金利から0.5%
(フラット35もOK!)
三井住友銀行
カードローン
契約した金利から1.0%
(三井住友銀行の住宅ローンのみ対象)
三菱東京UFJ銀行
カードローン
なし

カードローンの金利も0.5%優遇されると、トータルの返済金額はかなり変わります。せっかくの優遇サービスなのでぜひ利用しましょう。

 

4.ただし借り過ぎに注意すること!

住宅ローンの残債が残っている状態で注意したいのは「毎月の収支バランスを崩さないようにする」ということです。

特に高額な住宅ローンを組める人であれば、年収も高く生活にもゆとりがあるので、カードローン審査にも問題なく通るかと思います。

ただ、カードローンの毎月の返済は、限度額が高くなるにつれ住宅ローン並みに返済額が高くなっていきます(参照「毎月の返済比較表」)

もし銀行側が提示したカードローンの限度枠をそのまま一杯まで使ってしまうと、毎月の返済で泣きをみてしまうのはあなたです。

だからこそ、カードローン審査を申し込むときは必ず「いくら借りて、いつまでに返すのか」事前に返済計画をしっかり立ててから借りるようにして下さいね。

 

結論、カードローンの審査では持ち家がある方が有利!

今回は「持ち家がある方がカード審査では有利になりやすのか?」ということについて解説をしてきました。

結論から言えば、持ち家があった方がカードローンの審査は有利になりやすいです。

ただ、住宅ローンの返済に滞納があったり、クレジットカードや携帯電話の支払いで遅れがあると審査に通らないケースもあるので注意が必要です。

とは言え、全体的には持ち家を保有している人の方が、カードローン審査に通っている割合は多いかと思います。(自前のアンケート結果より)

そういう意味では、あなたが持ち家を持っているのであれば、カードローン審査は自信を持って申し込んで良いかと思います。

借り過ぎてしまうことだけ注意して、返済計画を立てながら上手にカードローンを活用されて下さいね。

今月のおすすめ

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンは年率4.0%~14.5%で借りれる低金利な銀行カードローンになっています。

三井住友銀行の銀行口座を持っていない人でも口座開設なしで借りれるほか、カードの受取は三井住友銀行内にあるローン契約機でも受け取れるので、土日でも借りれておすすめです。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、口座開設なし・低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

提携ATMの利用手数料が無料になることや、毎月の返済額も安く設定されているので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ!

-カードローンの審査基準について

Copyright© 銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語る!マネブロ , 2018 All Rights Reserved.