銀行カードローンの審査に落ちる原因は主に4つ!

銀行カードローンの審査に落ちる原因。もう一度見直すポイントは4つ

銀行カードローンの審査に落ちる場合、原因は大きく4つに分かれます。

審査に落ちる主な4つの原因とは?

年収や職業に問題あり
すでに借り過ぎている
限度額が高すぎた
借入履歴が汚い

カードローンの審査に落ちる場合、ほぼ間違いなく今紹介した4つの内のどれかが原因となっています。

カードローンは住宅ローンなどとは違い、担保として使えるものが何もありませんので、基本的にはあなたの信用情報が全てと言えるのが特徴的です。

つまり、年収や過去の返済履歴など、全てあなた自身の「過去の」情報によって審査に通るかどうかが決まっていると言って過言ではありません。

 

年収や職業が原因で審査に落ちる場合

年収や職業が原因で審査に落ちる人と言うのは数は少ないですが一定数いるので紹介します。

まず年収については、カード会社側が現状のアルバイトやパート収入では不十分だと判断した場合です。

銀行カードローンによっては年収200万円以上の人を審査対象としていたりするケースもあるので、カードローンによってはあなたの年収の時点で審査に落とされている可能性もありえます。

また自営業(個人事業主・農業など)の場合も、収入が不安定とされ審査落ちの理由として扱われる場合があります。

この時の対応策としては、会社勤めの間にカードを作ってしまうか、日本政策金融公庫など公的機関から事業融資をお願いするなどがあります。

また自営業の状態からお金を借りる場合、過去の営業実績が非常に重要で、確定申告書などの書類があれば必ず持っていきましょう。大きな証明書類となりますので。

結論として、年収や職業が原因で審査に落ちる場合、まず対策の打ちようがない事が多いです。どうしても借りたい場合は、日本政策金融公庫などの公的機関から融資の依頼をしてみましょう。

 

すでに借り過ぎている事が原因で審査に落ちた場合

すでに借り過ぎている事が原因で審査に落ちる場合もあります。

例えば、すでに3社4社からお金を借りている場合、まずそれ以上の消費者金融やカードローンから借りる事は出来ません。

これは総量規制と呼ばれる法律が原因となっています。

※総量規制…年収の3分の1以上は借りる事が出来ない法律

また仮に年収が300万円の人がいた場合、総量規制の関係で100万円以上のお金は基本的に借りる事が出来ません。

その為、1社目で80万円の融資を受けている人は、2社目では20万円が限界となります。

 

この様にあなたの年収からある程度借りれる限度額と言うのは逆算できるので、借り過ぎている場合は、借り換えやおまとめ、債務整理などを検討することになります。

それと、複数社から借りるよりも1社にまとめて借りた方が毎月返済する合計金額でも1社の方が安く済むので、複数社で借りるよりも増額審査を申し込んだ方が有利な事も多いです。

2社目の借入を断られた場合は、1社目から増額審査を申し込むのがおすすめです。

 

よくある限度額が高すぎた事による審査落ち!

審査落ちの理由で、一番ある原因が「限度額が高すぎた」と言う点です。

意外に思うかもしれませんが、恐らく限度額が理由で審査に落ちる人が一番多いと思います。

例えば、年収が300万円の人が2人いた場合、片方が限度額100万円、もう片方が10万円で審査を申し込んだ場合、間違いなく10万円の限度額で審査を申し込んだ人の方が審査に通る可能性は高いです。

これはお金を貸す側になって考えれば簡単な話で、

いきなり見ず知らずの人に大金を貸せるほど、カードローンも慈善事業でやっている訳ではないと言う事です。

まして、100万円以上の大金をカード審査で申し込んだ場合、「事業資金でもないのに、なぜ即日融資で100万円も必要なのか?」「信用情報には載っていない、何か危険な所からお金を借りているのではないか?」と言った不安がカード会社側によぎります。

 

その点10万円程度の借入であれば「何かあってもすぐに取り戻せそう」「10万円程度なら一回の給料差押えですぐに取り戻せそう」と言った事をカード会社側も考える様になります。

つまり、高い限度額で申し込むより、低い限度額で審査を申し込んだ方が、カードローンはより確実になると言う事なのです。

低い限度額で審査を申し込んでも、後日増額審査を申し込む事が出来るので、まずは低い限度額で審査を申し込み、あとから本当の希望金額を増額審査で申し込みましょう!

 

借入履歴が汚いと審査に落ちる!

最後のよくある審査落ちの理由として「借入履歴が汚い」と言うのがあります。

「汚い」と言うのは、延滞や滞納、審査落ちなどのマイナス評価が多いと言う事です。

通常、カードローンの審査を申し込むと、CICやJICCなどの信用情報機関と呼ばれる所であなたの過去の返済履歴などを調べられます。

この時、過去約2年分(場合によっては過去10年分)の返済履歴を調べられていると思って下さい。

長期間にわたる滞納や返済遅れはないか?連続してカード審査に落ちてはいないか?ブラックリストに登録された履歴は残っていないか?

こういった情報を調べられた上で、融資可能かどうかを判断しているのがカードローンです。

こればかりは時間が解決する問題としか言いようがないので、最低でも3か月から半年は滞納や返済遅れがない状態にして審査を申し込むようにしましょう。

カードローンの返済額比較ページ

関連記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...