プロミスの金利と返済額を徹底解説!

プロミスの金利と返済額を徹底解説!

プロミスの金利は無利息期間を含めると割安です

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、初めてプロミスを利用する人限定で、最大30日間無利息キャッシングのサービスを行っています。

そのことから考えると、短期間での融資(3か月以内での完済)を考えれば、プロミスの金利はとても割安だと考えることができます。

主なカードローンの金利で比較

 下限金利上限金利
三井住友銀行
カードローン
4.0%14.5%
みずほ銀行
カードローン
3.0%14.0%
三菱東京UFJ銀行
カードローン
1.8%14.6%
オリックス銀行
カードローン
1.7%17.8%
プロミス4.5%17.8%
SMBCモビット3.0%18.0%

ちなみに、プロミスで50万円以上のキャッシングを1年以上利用したままなのであれば、毎月の返済額はかなり割高になるので注意が必要です。

どうしてそんなことが言えるのか?

今回はプロミスの金利や返済額について、色んな側面から検証して行きながら解説して行きたいと思います。

もしあなたがプロミスの利用を検討しているのであれば、真剣に読み進めていって下さいね。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

プロミスの金利と最低返済額のまとめ!

まずは他のカードローンの解説と同様、プロミスの金利と最低返済額についての情報を簡単に表にまとめたいと思います。

プロミスの最低返済額のまとめ

プロミスの最低返済額の計算式は、実は他のカードローンと比べて少し特殊です。

返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」を採用しているので、基本的にはあなたが利用した借入残高に応じて毎月の返済額が決まります。

「残高スライド元利定額返済方式」とは?
簡単に言えば「利用後の借入残高に応じて、毎月の返済額が決まる」返済方式のことです。ただし、プロミスの場合、他のカードローンとは違って毎月の返済額の計算式が少しわかりづらくなっています。

とりあえず「毎月の残高で最低返済額が決まっている」と思っておけば間違いありません。

プロミスの公式サイトからの情報を借りると、以下のような計算式で毎月の最低返済額が決められているようです。

プロミスの返済表

借入残高返済額返済回数
30万円以下借入後残高 × 3.61%
(1,000円未満切り上げ)
~36回
30万円超過
~100万円以下
借入後残高 × 2.53%
(1,000円未満切り上げ)
~60回
100万円超過借入後残高 × 1.99%
(1,000円未満切り上げ)
~80回

面倒臭いのはキャッシングを利用する(返済する)たびに、この計算をする必要があるのか?という点。

そこで借入額が50万円までの簡単な毎月の返済額を計算してみました。(計算は上限金利である「年率17.8%」でシミュレーションしています)

プロミスの返済額(限度額50万円まで)

借入金額返済回数各回返済額
10万円3年以内(32回)4000円
20万円3年以内(32回)8,000円
30万円3年以内(36回)11,000円
40万円5年以内(53回)11,000円
50万円5年以内(58回)13,000円

カードローンの返済比較表を元にすると、限度額が50万円までであれば他の銀行カードローンよりも割安にプロミスを利用することができると言えそうです。

しかもプロミスなら、最大30日間まで無利息でキャッシングできるので、短期間や一時的な借入なら一番利息を払わなくて済むカードローンだと言うこともできます。

もちろん、最低返済額が安いということは、最終的な総支払い額が割高になるということなので、余裕があるときに積極的に繰り上げ返済を行うことも忘れないで下さい。

 

プロミスの金利の一覧表は非公表

銀行カードローンなどであれば、限度額に応じてカードローンの適用金利が一覧表でまとめられています。

ですがプロミスは金利の一覧表を公式が発表していないので、誰がどういった基準で金利が適用されるのかが不明瞭になっています。

一般的には、借入残高や限度額が高くなるほどカードローンの金利が下がって行く傾向にあるので、金利の利下げ交渉を行いたいときは限度額の増額審査を申し込むと良いかもしれません。

またプロミスによると、増額審査や利下げの相談などはいつでも受け付けているそうなので、チャンスがあれば積極的に試されて下さい。

プロミスコール
0120-24-0365 平日(9:00~18:00)
※土日祝は新規申込のみ9時~22時で受付

 

上限金利が高めなプロミスは新規獲得に積極的なカードローン!

一般的に「金利が高いカードローンはおすすめできない」と考えられがちです。

ですが、そもそも「金利が高い」と言うのは、貸し手側からすれば「リスクがある」と判断しているから割高な金利を設定しているとも考えられます。

つまり、プロミスは上限金利17.8%の金利を設定することで、パートやアルバイトなどの与信能力が低い人たちに対しても、積極的に融資を行っているカードローンだと言えるんです。

実際、プロミスに審査を申し込んだ人たちにアンケートを取ってみたところ、年収が50万円~100万円未満の自営業やアルバイトの人たちでも審査に通過していることが分かりました。

審査を申し込んだ人たちの口コミやレビューなどを参考にすると、金利が高い分、プロミスも積極的に融資判断を行っていると言えそうです。

ただし年収が100万円未満ということは、借入額が高くなり過ぎると返済に苦労することになるので、限度額は30万円以内に抑えておくことが大切。

またプロミスは総量規制のカードローンなので他社からの借入を含め、年収の3分の1以上のキャッシングが出来ない点にも注意して下さい。

 

限度額を抑えて借りればプロミスはアルバイトでも借りれる!

今回はプロミスを金利や毎月の返済額を元にして、どんな人にお勧めできそうかを解説してきました。

ちなみにプロミスは他の銀行カードローンと違って、十分な安定収入があればパートやアルバイト収入の人でも融資を行ってくれる貴重なカードローンです。

銀行カードローンなどもパートやアルバイト可能とはなっていますが、審査申し込み者のアンケートを見る限り、やや社会人向けのカードローンになっています。

その点、プロミスは安定収入があり提出書類がしっかりしていれば、自営業やフリーターの方でも審査に通している実績があります。(代わりに限度額は抑えられています)

毎月の最低返済額を計算しながら、借入額を30万円以内にコントロールしておけば、プロミスは年収100万円以下の人でも借りれる心強いカードローンになると言えますよ。

その他、プロミスの返済方法や返済シミュレーションなどを詳しくまとめた記事も用意したので、合わせてチェックして下さいね。

参考記事
プロミスの返済方法や総支払額の返済シミュレーションをしてみた!

※パート・アルバイト収入がメインの場合、プロミス・SMBCモビットでは安定した十分な収入があることが条件となります。

カードローンを選ぶ!

銀行カードローン 即日融資&WEB完結
無利息キャッシング パート・アルバイト
大手消費者金融 中小消費者金融
おまとめ・借り換え レディースキャッシング
土日審査 自営業・個人事業主

関連記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ピックアップ記事

  1. カードローンの審査時間はどれくらい?審査時間を短くする3つの方法!
    カードローンの審査時間は短くすることができます「今すぐお金を借りたい」 「だけどカード審査っ...
  2. 初めてカードローンを選ぶ時!失敗しない5つの選び方!
    初めてカードローンを利用するなら選び方は慎重に!初めてカードローンを選ぶとき、あなたは何を基準に...
  3. あなたのカードの返済を楽にする意外と効果的な3つの方法!
    どうしたら毎月のカードの返済が楽になるの?私のブログのなかで意外と多いのが「どうしたら毎月の返済...