銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語るブログ

銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語るブログ

カードローン審査に必要な審査基準を元銀行員の澤田誠一が熱く語ります!

ホーム » 金利の基礎知識 » カードローンで金利を安くする交渉術!

カードローンで金利を安くする交渉術!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

カードローンの金利を安くする方法は3つ!

カードローンの金利を安くする方法は主に次の3つになります。

 

  • 1.長期利用を続ける
  • 早期返済、完済実績を作る
  • 限度額を引き上げる

 

実はこの3つの方法のうち、どれか一つでも実践すればあなたの金利は簡単に引き下げる事が可能なのです。

 

中でも一番強力なのが、限度額を引き上げると言う方法で、

 

この方法を実践すれば、ほぼ確実にあなたが今使っているカードローンの金利を引き下げる事に成功すると言えます。

カードローン金利の引き下げ方その1「長期利用を続ける」

kinrikousyou1

 

金利の引き下げ交渉でもっともよく使われるのが「長期利用をしている事をアピールする」と言う方法です。

 

実際、長期利用をしている事をアピールする事によって、金利の引き下げに成功した人も多くいます。

 

目安としては半年以上、継続して利用をしている人が主に使える方法なので、もし半年以上ずっと使い続けているカードローンがあるのなら、ぜひ一度相談してみましょう!

 

カードローン金利の引き下げ方その2「早期返済、完済実績を作る」

長期利用と併用して効果があるのが「早期返済、完済実績がある状態」で金利の引き下げ交渉をすると、金利が下がる可能性がアップすると言う方法です。

 

カードローン側からすれば、一度完済実績のある人の方が、次もより積極的に融資を出来ると判断をしたくなるそうで、早期返済や完済実績がある人の方が、金利の引き下げ交渉もすんなり通るようになるみたいです。

 

カードローンを借りはじめて、まだ間がない人は先にとりあえず10万円くらいを借りておいて、数日後そのまま借りた10万円を返すなどして、実績作りをしてから金利の引き下げ交渉をすると言った方法も有効ですよ。

 

カードローン金利の引き下げ方その3「限度額を引き上げる」

そして最も重要で有効な引き下げ交渉術が「限度額を引き上げてもらう」と言う方法です。

 

実は多くのカードローンの場合、限度額に応じて金利を設定しているので、限度額を引き上げてもらうと、限度額に反比例するかの様に金利が引き下がっていくんです。

 

三井住友銀行グループのモビットや三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどもその例の一つで、50万円や100万円と言った節目で金利が下がる事が多いです。

 

あなたが限度額を上げれば上げるほど、その分カードローンの金利はどんどん下がっていくので非常におすすめです。

 

限度額の増額審査は審査に通過した翌日から申し込む事が出来るので、今すぐ金利を引き下げたいと言う場合には、まずは限度額の増額審査から申し込んでみましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

あなたにおすすめの銀行カードローンはこちら!
カテゴリー
最近の投稿