銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語るブログ

銀行カードローンの審査基準を元銀行員が語るブログ

カードローン審査に必要な審査基準を元銀行員の澤田誠一が熱く語ります!

ホーム » 毎月の返済に関して » 銀行カードローンの返済期間はいつまで?借入期間を過ぎた時は?

銀行カードローンの返済期間はいつまで?借入期間を過ぎた時は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

銀行カードローンの返済期間は大体5年~8年が中心

結論から言えば、カードローンの返済期間は大体5年~8年のものが中心です。

 

このページの大体のまとめ!

返済期間は5年~8年が中心
毎月の返済額はかんたんに計算できる
借入期間を過ぎても一括返済にはならない

基本的にカードローンからキャッシングをする場合、住宅ローンや自動車ローンよりも短い返済期間で契約をすることになります。

 

ただ「返済期間が短い」といっても、実際には5年から8年ほどの返済期間があるのでムリなく返せるケースがほとんど。

 

また万が一返済期間を過ぎたとしても、それまでの返済履歴がしっかりしていれば、そのまま利用を続けられるケースが多いです。

 

これを読めば、あなたもカードローンの返済期間のルールなどをしっかりと理解することができますよ!

 

 

主なカードローンの返済回数と返済期間のまとめ

次に、あなたが気になるであろう、主なカードローンの返済回数と返済期間を一覧表にまとめました。

 

主なカードローンの返済回数と返済期間のまとめ

アコム30万円以下:31回
30万円超え:51~80回
プロミス原則6年9か月 80回
モビット最長8年10か月(106回)
アイフル13年6か月(140回)
バンクイック6年6カ月(78回)
三井住友銀行カードローン5年毎の自動更新
みずほ銀行カードローン1年毎の自動更新
オリックス銀行カードローン1年毎の自動更新

 

銀行カードローンが主に採用している「自動更新」という言葉ですが、

 

これは更新月が近づいたときに、カードローン側が改めてあなたの利用状況を審査し、問題がなければ契約期間を自動で更新するというものです。

 

そのため、利用期間中に支払い遅れを何度も起こすと、カードの更新が終了してしまい、新規でキャッシングできなくなってしまいます。

 

こういった状況にならないためにも、まずは毎月のカードの支払いはしっかりと行うことを強くおすすめします。

 

 

毎月のカード支払いの実績が悪いと契約が終了することもある

 

毎月のカード支払いさえしっかりと済ましておけば、よほどの事情がない限りカードローンは自動で更新されていくので安心して下さい。

 

ちなみに、この返済期間をしっておくことで、各カードローンの毎月の返済額をおおざっぱに計算することができるんです。

 

どうやって毎月の返済額がきまっているのか?

毎月の返済額を計算する方法として、一番かんたんな計算方法が次のサイトを利用する方法。

 

スルガ銀行(カードローンシミュレーション)
http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/kariru/card/simulation/

 

例えば、30万円を年率18.0%で5年間で返済を目指す場合、毎月の返済額は約7618円となります。

 

 

 

もちろん、あくまでこれはシミュレーションなので、最終的な毎月の返済額は必ず各カードローンに確認を取るようにして下さい。

 

また、大手のカードローンであれば、毎月の返済額や金利の相談はいつでも受け付けています。

 

もしあなたの返済状況が良好なのであれば、間違いなく銀行カードローン側も色々なアドバイスや相談にのってくれるはずです。

 

もし返済で困ったことがあれば、一人で悩まずまずはカードローンのサポートデスクに電話してみましょう。

 

借入期間が過ぎても一括返済にはなりません。

ちなみに、もう一つのよくある質問が「借入期間が過ぎたら一括返済を迫られるのか?」という質問です。

 

たしかに返済期間が決まっているのだから、その返済期間が過ぎたら一括返済を迫られてしまわないか心配になりますよね。

 

ですが、借入期間が過ぎても一括返済を迫られることはまずありません。

 

 

 

一括返済より分割返済の方が、銀行側は利息が取れるので本当は嬉しい。

 

基本的にカードローンは、貸したお金に対して金利を貸して、その利息で収益を発生させるビジネスモデルです。

 

そのため、貸し手側としては、返済期間が過ぎたとしても一括返済を迫らず、そのまま分割返済を継続してもらうケースがほとんどです。

 

もちろんこれは、私たち借り手側にもメリットがあって、分割返済を続ける限り一気に返済状況が悪化する心配がありません。

 

なので、一般的には一括返済ではなく、分割返済で完済を目指すケースが多いです。

 

一括返済を求められるケースもゼロじゃない?

ただし、これまでの返済状況や返済履歴が悪いと、追加融資や増額審査を断られたり、一括返済を迫られる可能性はゼロではない点に注意してください。

 

大切なのは、毎月の返済をしっかりと遅れなく続けること!

 

万が一返済が遅れそうな場合でも、返済期日前に相談をしておけばカードローン側の心象もかなり違います。

 

カードローンを利用するときは早めのホウ・レン・ソウを心がけてあげて下さいね。

 

借入と返済を繰り返さないことが完済への第一歩!

今回はカードローンの返済期間と一括返済の話について解説をしました。

 

改めて今回お話した内容をザックリまとめると次の通りです。

 

このページの大体のまとめ!

返済期間は5年~8年が中心

⇒銀行カードローンは自動更新が多い

毎月の返済額はかんたんに計算できる

⇒スルガ銀行のシミュレーションが便利!

借入期間を過ぎても一括返済にはならない

⇒返済実績が良好なら優遇も多い!

 

恐らくあなたも、お金がない時はキャッシングをすることで頭が一杯だったと思いますが、当面の生活に目途がたったのであれば、今度は返済を考えるとき。

 

カードローンの返済は、毎月少しづつでもよいので確実に返済して行くことがとても大切です。

 

毎月1000円でも良いので上乗せして返済をしていくと、年間で1万円も多めに返済したことになります。

 

生活が苦しい時はついついキャッシングしてしまいたくなりますが、借入と返済を繰り返さないようにするのが完済への第一歩。

 

もし返済が苦しくなっても、大手のカードローンなら金利分だけの支払いで待ってくれることもあるので迷わず相談しましょう。

 

無理のない返済計画を立てて、焦らず少しづつあなたの生計を立て直して下さいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

あなたにおすすめの銀行カードローンはこちら!
カテゴリー
最近の投稿